お笑いコンビ・極楽とんぼ加藤浩次と山本圭壱が、12月8日放送のバラエティ番組「極楽とんぼタイムリミット」(AbemaTV)に出演。チャンネル登録者数800万人超の人気YouTuberはじめしゃちょーに弟子入りし、YouTuberとして成功するための秘訣を学んだ。

番組はこの日、「YouTubeタイムリミット 俺たちもユーチューバーになろう」と題し、極楽とんぼの2人がはじめしゃちょーの自宅を訪問。はじめしゃちょーが実際に動画撮影を行っているスタジオや編集部屋など、動画制作の裏側に潜入した。

そして、自身のYouTubeチャンネルを持つ山本のために、新たなチェンネル名の考案や、編集のポイントYouTubeならではの撮影方法を学び、さらにはじめしゃちょーをお手本に、加藤が初めての自撮りに挑戦するなど、YouTuberとしての基本を学んだ。

そして番組内では、はじめしゃちょーからの提案で、はじめしゃちょーチャンネルに極楽とんぼゲスト出演する“コラボ動画”を作成することに。早速、3ショットでの撮影が始まり、オープニングトークでは、はじめしゃちょーが「YouTube界においては、僕の方が上なんですよ!……というわけで、もし、よろしければタメ口で喋ってもいいですか!」と打診。極楽とんぼの2人は「もちろんですよ!」と快諾した。

その後、“タメ口OK”、コウジ、ケーイチの“名前呼びOK”の承諾を得たところで、「じゃあ、今日は俺についてこーい!」と、掛け声を上げるはじめしゃちょー。極楽とんぼの2人も「おー!」と答えるが、はじめしゃちょーは「あとで殴られないですか?」と、すぐさま小声になり、加藤は思わず「どんだけ怖いと思ってんの(笑)」と、ツッコミを入れた。

さらに続けて「だって、加藤さんジャイアントスイングしてるイメージすごい強いんですよね」と、加藤の印象を話すはじめしゃちょーに、加藤は「そうだよね、あっちのイメージ強いからね。はじめしゃちょー世代にはね。でも今日はやんないから。YouTubeデビューですから、新人のつもりでやってます」と宣言し、コラボ動画の撮影が行われた。