神奈川県庁のハードディスクHDD)が不正に転売された問題で、消去を請け負ったブロードリンクについて、社内で消去前のパソコンが紛失していると、以前からネット掲示板などで話題になっていたことが分かった。

1年前には、窃盗容疑で逮捕された元社員の男(51)と同じイニシャルの人物がHDDなどを横流ししているとの書き込みもあった。真偽は不明だが、ブロードリンクは、管理がずさんだったことを認めており、被害が拡大する可能性もある。

「わが社に問題があったと認識」

「わが社に問題があったと認識しています」。ブロードリンクの榊彰一社長は、2019年12月9日の会見で、こう説明して、頭を下げた。

同社の説明によると、これまでは、HDDを消去や破壊などの処理に出した後は、本当に処理されていたか確認していなかった。また、手荷物検査は、入退室時に常に行っておらず、内容や頻度が不十分だったとした。

そして、榊社長は、再発防止措置を取った後は辞任し、同社の営業も1か月にわたって自粛することを明らかにした。

今回の問題では、廃棄したはずのHDDネットオークションで転売されていたと外部から連絡があり、ブロードリンク11月27日に社内調査を始めた。手荷物検査などから12月3日に容疑者の男を特定し、男もHDDなどの転売を認めたという。

同社では、裏付けが取れたとして、6日に男を懲戒解雇するとともに警視庁の大森署に被害届を出した。男は、同日夜に緊急逮捕されている。

この日の新聞報道などから、ヤフーオークションに出品されたHDD9個に神奈川県庁の納税記録などがあったことが明るみに出て、大きな騒ぎになった。9個のデータは、計27テラバイトもあったといい、「世界最悪級の流出」とも報じられている。

情報は真偽不明だが...

そして、12月9日の会見では、容疑者の男が入社した2016年2月以降、男がヤフオクなどのオークションに出品して落札されたのは7844個で、このうち記憶媒体が3904個もあったことを明らかにした。

ロードリンクは、大手企業や官公庁と多数取り引きしている。3904個のうち、男が同社で取り扱った部分はどのくらいあるのか調査しているが、神奈川県庁以外にも被害が拡大する恐れが出てきた。

さらにネット上では、過去の転職サイト掲示板への書き込みも注目されている。

その一つは、社内で消去前のパソコンが紛失しているという、転職サイトからネット掲示板スレッドに転載された情報だ。ただ、この書き込みの日付は男が入社する前の15年9月となっている。

その後も、このスレッドでは、消去前のパソコン紛失がよく見られたとの書き込みが出て、18年4月には、容疑者の男と同じイニシャルの人物らがHDDなどを横流ししていると真偽不明の情報が寄せられていた。

なお、男のアカウントとみられるヤフオクページでは、5000件以上もの取引記録が残っている。15年から始め、約2000万円の売り上げがあったとの報告もあり、男が入社した16年以降は、1200万円超との報道もあった。

J-CASTニュース編集部 野口博之)

会見で頭を下げるブロードリンクの榊彰一社長(中央)ら