犯人を捕まえるため、警察はありとあらゆる手段を取る。海外では警察が犯人とデートの約束をするおとり捜査をして、犯人の逮捕に成功したようだ。

 インド・マディヤ・プラデーシュ州で、警察官が一般人の女性を装って犯人の男をデートに誘い、逮捕することに成功したと海外ニュースサイト『INQUIRER.net』と『ScoopWhoop』が11月30日に報じた。報道によると、男は8月に起こした殺人事件を含む、16の罪で指名手配されていたそうだ。警察は何度も男を逮捕しようと試みたが、男はその度に警察をうまくかわし逃走していた。

 ある日警察は、男が結婚相手を探していることを知り、警察は女性警察官を介して、おとり捜査をすることにしたという。女性警察官が一般女性の振りをして男の携帯電話に間違い電話を装って電話を掛け、電話を掛けたことをきっかけに男と親しくなった。女性警察官が間違い電話をして以降、2人は密に連絡を取り合った。男から女性警察官に電話が掛かってくることも何度もあったという。男は女性警察官に住んでいる場所を聞くなど、女性警察官に興味を示していた。

 2人が連絡を取り合うようになってから1週間後、女性警察官は男とデートの約束をするため、男に結婚して欲しいとプロポーズした。女性警察官は結婚をする前に行う儀式をすると男に言い、男と寺院で待ち合わせをした。地域によって違うが、インドには結婚前にさまざまな儀式を行う習慣があるそうだ。寺院に男が現れたことで男は逮捕されたという。

 このニュースが世界に広がると、ネット上では「警察のアイデアは面白いし素晴らしい。女性警察官の演技力も凄かったのでは」「まだ会ったこともない女性警察官に知り合って1週間でプロポーズされ、それを受け入れて結婚しようとデート現場に現れた男もすごい」「ドラマのような話。女性警察官は男を好きになることはなく仕事と割り切っていたのか」などの声が挙がっていた。

 警察が機転を利かせたおとり捜査をし、犯人を逮捕した例が他にもある。

 南アメリカフリーステイト州で、銃を不法に貸し出している疑いのある警察官の女をおとり捜査によって逮捕したと海外ニュースサイト『DFA』が10月10日に報じた。同記事によると、女は以前から「銃を盗まれた」と報告することが多く、警察は内部調査により、女が嘘をついているのではないかと疑っていた。そこで、女とは違う部署の警察が一般人を装い、「銃が欲しい」と言って女に近づいた。女は一般人の振りをした警察官に警察署内の簡単に銃が盗める保管場所を教え、銃を盗ませた。女は情報を与えた代わりに、3万ランド(約22万円)を受け取った。警察は、女が金を受け取ったことを確認して、女を逮捕した。警察によると、女には借金があり、金に困っていたという。

 犯人の逮捕には警察のアイデアも必要なようだ。

記事内の引用について
Woman cop captures wanted criminal after proposing marriage to him(INQUIRER.net)より
https://newsinfo.inquirer.net/1196594/p2fb-woman-cop-captures-wanted-criminal-after-proposing-marriage-to-him

Policewoman Proposes Wanted Criminal For Marriage. When He Says Yes To Rishta, She Arrests Him(ScoopWhoop)より
https://www.scoopwhoop.com/news/policewoman-proposes-wanted-criminal-for-marriage-when-he-says-yes-to-rishta-she-arrests-him/

FS policewoman in dock for hiring out gun used in cop shop burglary(DFA)より
https://www.dfa.co.za/south-african-news/fs-policewoman-in-dock-for-hiring-out-gun-used-in-cop-shop-burglary-34530763

画像はイメージです