写真/労働新聞 via 38north

◆前回までのおさらい
 前回、秋田放射能測定室「べぐれでねが」 のめたぼ氏から陸上自衛隊新屋演習場付近からの空撮写真を提供していただきましたので、その写真をもとに秋田配備イージス・アショアが先制奇襲核攻撃を受けたときに生じる被害見積もりをしました。

 今回から、ご紹介する文献、映像資料を基により詳細に、秋田配備イージス・アショアが先制奇襲核攻撃を受けたときに秋田市民が体験するであろうことを論じます。今回は、想定条件と基礎文献、映像資料の紹介となります。

 イージス・アショア日本配備が、日本の弾道弾防衛に全く意味が無いことと、その正体は、合衆国弾道弾防衛専用であることについては、昨年8月から本シリーズで厳しく指摘した後に、多くの専門家やジャーナリストが論じています。合衆国では、日本を巨大イージス駆逐艦にする=使い捨てレーダーピケット艦(Kamikaze迎撃における被害担当艦)にすると公言されていること*についても、HBOLにて横田一氏が報告し**、本シリーズバックナンバーでも解説しています。
〈*Shield of the Pacific: Japan as a Giant Aegis Destroyer, Thomas Karako, CSIS Briefs, 2018/05/23
〈**イージス・アショアの秋田・山口配備は「米国の基地を守るため」!?, 横田一, HBOL, 2019.06.28

 弾道弾早期警戒能力、迎撃能力、指揮統制能力、報復核戦力が先制奇襲核攻撃において最優先の攻撃目標となり、それは核抑止力の信頼性確保のための定石であることは核抑止におけるイロハのイ*ですが、これについても本シリーズバックナンバーで論じておりますのでここでは紙面を割きません。
〈*但し、保有する核戦力すべてを先制奇襲核攻撃で用い、相手を完全に焼き払うという主張もある。全面核戦争は最終戦争であり、その後の駆け引き、交渉は一切無く絶滅しなかった方が勝ちと考えれば合理的ではある〉

◆「日本による配備」だからこそ高まる危険性
 なお誤解が多いのですが、北朝鮮にとって日本は外交、経済、核抑止上の価値は全くなく、路傍の石ころに過ぎません。これは安倍晋三氏が過去20年間主導し、何一つ成果を上げず完全に失敗に終わった北朝鮮封鎖政策の結果です。

 かつての北朝鮮にとってきわめて重要なカウンターパートとしての日本の地位は、現在は全く存在しません。筆者はかつて、自民党内に大きな勢力として存在した北朝鮮との関係を重視する勢力を「北朝鮮利権集団」として厳しく批判していましたが、第二次小泉訪朝以後、北朝鮮に対して封鎖政策を強化した結果、現在は北朝鮮への影響力も交渉力も皆無となり、重大な利害関係があるにも関わらず当事者としての立場も失ってしまった現実を見るにつけ、封鎖政策は誤りであったと結論づけるしかありません。「主戦論は概して誤りである」を自ら実証することとなりました。

 北朝鮮にとっては、合衆国防衛専用兵器=イージス・アショアが日本に配備されること在日米軍の存在のみに意味があり、前者が日本のお金で配備され、日本人が運用し、それにより対合衆国核抑止力の信頼性が僅かでも揺らぐのであるならば、先制奇襲核攻撃によって指揮統制能力ごと消滅させる=秋田・萩イージス・アショア、首相官邸、霞ヶ関、立川市を先制奇襲核攻撃するという選択肢が生じます。

 日本は、北朝鮮にとってすでに交渉相手ではありませんし、日本配備イージス・アショアを巡っての対日譲歩は合衆国への一方的な譲歩であって、これは北朝鮮という国家の存亡を危うくします。北朝鮮は、対米核抑止力によって国家と体制を維持しているからです。この対米核抑止力は、200万人とも300万人とも言われる北朝鮮市民の犠牲によって得たもので、これを手放すことはあり得ません。

 仮に日本配備イージス・アショアが合衆国の手による配備であるならば、米朝交渉で駆け引きをする余地が生じます

 北朝鮮が対合衆国本土核攻撃能力を持つ可能性がある以上、合衆国にとっては日本人が数万人から数百万人生きたまま焼かれても米兵が犠牲にならない以上、報復核攻撃のハードルは極めて高いものとなります。これが欧州イージスアショアとの大きな違いであり、対日先制奇襲核攻撃の可能性を著しく高めます。

 日本は論理学の教育がきわめて脆弱という大きな弱点を持ち、それは加速度的に悪化の一途ですが、この弱点は核抑止に関する議論を大きく阻害しています。巷で横行する即物的な兵器スペックカタログ“偏重”談義など鼠の糞ほどに有害無益です。

シミュレーションの想定条件
 シミュレーションをするにあたっての想定条件は以下のようになります。

時期2030年頃、イージス・アショア:運用中、配備先:陸上自衛隊新屋演習場、攻撃種別:先制奇襲核攻撃、爆発威力:50kt(強化原爆)、攻撃弾数:2〜3発(SM-3少数配備の場合)4〜5発(SM-6配備済の場合)、搬送手段:KN-15(北極星2号)発展型*、着弾数:1〜2発、爆発種別:最適高度上空核爆発(800m程度)。
〈*固体燃料単弾頭MRBMとして運用を想定、射程2000km、弾頭重量1t、CEP(半数必中界)100500m、初歩的なチャフ(欺瞞紙)やデコイ(囮)、模擬弾道弾だけでなくMaRV(機動再突入体)の装備を想定する〉

気象条件10月、晴天、西の風10ノット(約5m/s)とします。秋田は一年を通しで西の風が多く、次いで南の風であり、東の風は八月末から9月の一月未満です。従って、8月末から9月を除き核攻撃によるフォールアウトの効果はたいへんに高くなります。天候は、低高度核爆発であるために晴天でも曇天でも関係ありませんが、雨天ですと焼夷効果が落ちる反面、放射能による長期効果は大きくなります。今回は、都市攻撃が目的でなく基地の無効化が目的ですので、豪雨、豪雪、暴風で無い限り攻撃は実施されます。
〈*秋田市における年間の平均的な気候, Weather Spark

秋田市における年間風向
秋田市においては西の風が年間を通して主であり、核攻撃によるフォールアウトの効果を減殺する東の風は年間を通して少ない
秋田市における平均的な気候, Weather Sparkより引用

日時10月の平日日中11時頃を想定します。この時間帯は、多くの人が日常業務で屋内に居ます。

イージス・アショアの致命的欠点から見えてくる合衆国の思惑
 一般にICBM基地など強固に防護された標的への攻撃で考えられる地表爆発でなく上空核爆発を想定する理由は、イージス・アショアは、あくまで艦艇用弾道弾迎撃システムを配備できる海がないが故に内陸地に地上配備したもので、管制設備、ミサイル発射機すべてが地上に配備されており、対核爆発防護がなされていないためです。

 命中精度を勘案すると地表核爆発は攻撃手段として最適とは言えず、最適高度上空核爆発ならば半径500m圏内の人為的構築物を完全に破壊し、半径1500m圏内の人為的構築物を完全に無力化できます。更に衝撃波により、半径2500m圏内の人為的構築物に大被害を与えます。従って、MaRV(機動再突入体)などによって迎撃を無効化した後に1発ないし2発の上空核爆発でイージス・アショアを完全に無効化できると考えられます。

 これは、イージス・アショアの本質的かつ致命的欠陥と言えます。勿論、地下施設化と強固に防護することによって対核爆発防護を行うことができますが、きわめて費用対効果が悪く、イージス艦による洋上配備や報復核戦力の強化に比して妥当性は皆無です。

 以上は、陸上配備弾道弾防衛の本質的弱点なのですが、とくに前方配備固定基地=日本配備イージス・アショアにおいて極端に現れる欠陥です。これが合衆国が自前でイージス・アショア日本配備を行わない理由ではないでしょうか。要は、日本人のカネと命を使ったロッキード・マーティン社の救済・支援であって、それ以外の意味は無いと筆者は考えています。

 さて、着弾弾頭数を1にするか、2にするかですが、新屋演習場を中心とした5001000mの圏内に2発着弾する(実際には800mの低高度核爆発)場合と新屋演習場直上で1発が低高度核爆発を行う場合、放射能フォールアウトの効果以外は劇的には変わりません*。従って、ここでは簡略化のために新屋演習場直上高度800mで50kt強化原爆が一発核爆発した場合を想定します。
〈*発威力が2倍になった程度では、効果の増倍率は、核出力の倍数の平方根か三乗根であり、散布界を考えると簡単のために一発が標的に的中したとしても大きくは変わらない。
 但し、最悪想定となる秋田運河上での2発の核爆発では、油槽所、ガス基地の2次爆発を誘発し、フォールアウトの倍増もあって秋田平野全域への壊滅的打撃となる。
 一方で西側海岸線での2発の核爆発の場合は、被害域が500m程度西に移動し、物理的被害規模が大きく縮小するものの、大量の水蒸気と砂礫を成層圏まで吸い上げるためにフォールアウトによる被害は甚大となる。
 従って、これから行う被害想定は、最小規模のものであると考えるべきである〉

◆核爆発の都市への影響を知るための参考資料
 核爆発による都市への影響は古くから数多く研究されていますが、代表的なものは、1977年に発表された『The Effects of Nuclear Weapons(核爆発の効果)』*です。この報告書は、様々な報告書、論文、作品において基礎的原典資料とされています。近年では、2013年外務省委託研究「核兵器使用の多方面における影響に関する調査研究」**が邦文で公開されています。

 それぞれ、閲覧、視聴が可能です。
〈*『The Effects of Nuclear Weapons(核爆発の効果)UNITED STATES DEPARTMENT OF DEFENSE and the ENERGY RESEARCH AND DEVELOPMENT ADMINISTRATION, 1977〉
〈**平成25年度外務省委託「核兵器使用の多方面における影響に関する調査研究」 朝長万左男ほか2013年度外務省委託研究

 映像資料としては、様々な核実験の映像が機密解除されていますが、一般向けでは次の三作品がきわめて優れています。

NHK特集 世界の科学者は予見する・核戦争後の地球, 1984
第一部 地球炎上
第二部 地球凍結

NHKスペシャル 原爆投下 10秒の衝撃, 1998

 また、基礎的映像資料としては合衆国で1979年に公開されたプロパガンダTV映画、『First Strike 』(1979_film) がお勧めです。これは、NHKでも前半部分が放送されていますが、後半部分のインタビュー編は日本未公開です。

First Strike, Produced by U.S. Air Force, Released by NBC, 1979
80年代核軍拡とSDI構想の原点となり、現在における弾道弾防衛の原点でもあるドグマ(教義)に基づいたプロパガンダ映画であり、極めて高い資料価値を持つ

 それでは、次回はこれらの資料を元に、秋田配備イージス・アショアが先制奇襲核攻撃を受けたときに秋田市民が体験するであろうことをシミュレートしてみたいと思います。一言で言えば「エグい」描写が淡々となされることになります。筆者自身が酷いものだと感じますが、かつて核抑止力を論じる上では必ずなされてきたことです。想定しうる最悪の事態が現実になった場合に何が起こるかを考える一助として敢えて執筆します。

『コロラド博士の「私はこの分野は専門外なのですが」』ミサイル防衛イージス・アショア19

<取材・文/牧田寛>

【牧田寛】

Twitter ID:@BB45_Colorado
まきた ひろし●著述家・工学博士。徳島大学助手を経て高知工科大学助教、元コロラド大学コロラドスプリングス校客員教授。勤務先大学との関係が著しく悪化し心身を痛めた後解雇。1年半の沈黙の後著述家として再起。本来の専門は、分子反応論、錯体化学、鉱物化学、ワイドギャップ半導体だが、原子力及び核、軍事については、独自に調査・取材を進めてきた。原発問題についてのメルマガ「コロラド博士メルマガ(定期便)」好評配信中

First Strike, Produced by U.S. Air Force, Released by NBC, 1979 80年代核軍拡とSDI構想の原点となり、現在における弾道弾防衛の原点でもあるドグマ(教義)に基づいたプロパガンダ映画であり、極めて高い資料価値を持つ