12月9日放送の「女芸人No.1決定戦 THE W(2019)」(日本テレビ系)にて、3時のヒロインが優勝。三代目女王の座に就いた。

【写真を見る】2018年女王の阿佐ヶ谷姉妹は決勝戦に残れず

決勝に進出したのは、2018年優勝の阿佐ヶ谷姉妹をはじめ、123☆45(イズミヨーコ)、おかずクラブ、紺野ぶるま、3時のヒロイン、そのこ、つぼみ大革命、にぼしいわし、はなしょー、ハルカラの10組。

MCは、フットボールアワー後藤輝基水卜麻美アナ、さらに大会サポーターりんごちゃんEXITが務めた。

審査は、視聴者ゲスト審査員のハイヒールリンゴ笑い飯・哲夫、清水ミチコアンガールズ田中卓志、ヒロミ、久本雅美による投票で行われた。

今回は、決勝進出者10組が5組ずつAブロック、Bブロックに分かれ、両ブロック1ネタ終えるごとに暫定1位を決定。勝ち残った1組ずつが最終決戦に進出し、優勝を争った。

優勝した3時のヒロインには、優勝賞金1000万円と、日本テレビ系の番組「行列のできる法律相談所」(毎週日曜夜9:00-9:54)や、「踊る!さんま御殿!!」(毎週火曜夜7:56-8:54)などに出演できる“番組出演権”、そして“冠番組”が贈られた。(ザテレビジョン

12月9日に「女芸人No.1決定戦 THE W(2019)」が放送された