スクウェア・エニックス2020年3月3日(火)に発売を予定しているFINAL FANTASY VII REMAKEが、PlayStation 4で1年間、時限独占されることがスクウェア・エニックスの公式通販サイトsquare-enix e-STORE」の商品画像で明らかになった。

(画像は「square-enix e-STORE」北米向けサイトより)

 『FINAL FANTASY VII REMAKE』は1997年に発売されたPlayStationソフトFINAL FANTASY VIIを、ゲームデザインレベルから再構築したフルリメイク作品だ。戦闘システムFINAL FANTASY XVのようなアクションバトルになっているのが代表的な特徴といえる。本作は分作となる予定で、2020年3月に発売される1作目ではミッドガルを脱出するまでのストーリーが描かれる。

 「square-enix e-STORE」の北米向けストアページに掲示された上記画像では、商品パッケージの右下にPlayStation 4の時限独占であることと、その終了期限が2021年3月3日であることが示されている。独占情報に関しては、7月にXboxドイツFacebookページより「Xbox One版がPS4版と同じ2020年3月3日に発売される」という内容の動画が誤って投稿され、SNS部門の代表者が謝罪する一件もあった。

(画像は「square-enix e-STORE」北米向けサイトより)

 他プラットフォームでの発売や国内版に関しての時限独占はまだアナウンスされていないため、スクウェア・エニックスからの正式な情報を待ちたい。

ライターヨシムネ

ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。