劇場公開中のアニメフラグタイム」の製作委員会は10日、同作を制作したティアスタジオをめぐるネット上の憶測について、公式サイトコメントを発表した。


フラグタイム製作委員会は、ティアスタジオを運営するネクストバッターズサークルについて、「事態を把握するべく、かねてより株式会社ネクストバッターズサークルの代表者へ報告を求め続けておりますが、現状においてまだ連絡が取れておりません」と報告。今後も、「正確な状況を把握するために、今後も株式会社ネクストバッターズサークルの代表者へ状況報告を求めて参ります」と説明した。


ティアスタジオをめぐっては、SNS上にアニメーターが「まさか、劇場アニメ制作会社が未払いの上、Twitter垢も削除して、トンズラするとは思わなかったわ(泣)この師走に、でかいトラブルに巻き込まれたなぁ(泣)」と投稿したことで、様々な憶測が拡散。別のアニメーターも、「先月末振り込み予定だったとは思いますが、振り込みはまだですね汗制作さんは丁寧に対応してくれていましたので、お仕事自体で特に引っ掛かった点はありません。新人の方はスタジオの金銭事情等よく調べて慎重にお仕事頂くようにして下さいね」と注意を呼びかけていた。


画像はティアスタジオのホームページ スクリーンショット