Photo: Taro Kanamoto

意外な低性能バージョン

2020年末にも投入される、Microsoftマイクロソフト)の次世代コンソールこと「Project Scarlett」。そのバリエーションとして、あまりパワフルでない「コードネームLockhartの情報が伝わっています。

Kotakuによると、Lockhart光学ドライブのないディスクレス仕様となり、一方でProject Scarlettよりも性能は劣るものとなります。まだその仕様は確定していないのですが、The VergeはProject Scarlett10テラフロップスなのに対し、Lockhart4テラフロップスになるとも伝えています。

LockhartにはSSDがストレージとして搭載され、ゲーム解像度は4Kではなく1440pをターゲットに。CPUProject Scarlettよりもクロックダウンされたものが採用されるそうです。

このようなバージョン分けは、高性能なXbox One Xとコンパクトさが特徴のXbox One Sでも見られました。さらに、Xbox One Sから光学ドライブを排除したXbox One All Digital Editionも存在します。

それらを考慮すると、来年以降にLockhartXbox One All Digital Editinoの後継機として登場する可能性は十分にありそうです。4K解像度を十分に楽しめるProject Scarlettか、お手軽なLockhartか…。これは、悩ましい選択肢ですね。

Source: Kotaku via The Verge