山田涼介主演映画「記憶屋 あなたを忘れない」(2020年1月17日[金]公開)の完成披露メモリアルイベントが、12月10日東京都内で開催され、山田の他、芳根京子佐々木蔵之介、蓮佛美沙子泉里香濱田龍臣、平川雄一朗監督が登場。作品の見どころなどを語った。

【写真を見る】山田涼介、芳根京子らが和やかなムードでパシャリ

同作は、シリーズ累計50万部を超える織守きょうやの小説「記憶屋」を原作に、山田演じる大学生・遼一が恋人の記憶を取り戻すため“記憶屋”探しに奔走する姿を描く、記憶を巡る愛の物語。

映画「ツナグ」(2012年)、ドラマ「天皇の料理番」(2015年TBS系)、「義母と娘のブルース」(2018年TBS系)を手掛けた平川雄一朗が監督を務める。

また、遼一の幼なじみ・真希を芳根、遼一の記憶だけを失ってしまった恋人・杏子を蓮佛、遼一と共に“記憶屋”探しをする弁護士・高原を佐々木が演じる。

初めて関係者以外へのお披露目の場ということで、山田は「素直に1年前に撮っていたこの作品が皆さんのもとに届くのがうれしい。感動の物語をどう受け取るのかなというのが楽しみですね。人それぞれ受け取り方が違うと思うので、感想が楽しみです」と明かす。

また、平川監督とは撮影中も試行錯誤を繰り返したそうで「監督とはいろいろ話しましたね。ああしよう、こうしよう、いろいろ話しました。僕だけじゃなくてキャストの皆さんがそうだと思います。本だけを見るとちょっと難しい話なんですよ。これをどう受け取っていただけるのかなって監督と現場でいろいろとお話しました」と振り返る。

さらに、幼なじみを演じる芳根とは本作が初共演となるが、芳根については「すごいですよ。これ悪く捉えないでほしいんですけど、化け物の類というか…芝居で言うと」と語りだすと、会場がざわつき、芳根もなんとも言えない表情で隣の蓮佛を見る。

慌てて山田は「あ、悪口じゃないですよ!(笑) いい意味で、本読みってあるんですけど、だいたいこういう感じって手探りの感じでやるんですけど、(芳根は)本読みの段階で本気でやっていて。これは俺もちゃんとやらないとなって。

ちゃんとやらないとなって言うとちゃんとやっていないみたいで嫌なんですけど。もっと本腰を入れて、幼なじみとしてできることはやっていこうと思ったので。芳根さんの演技に引っ張っていただいたところもあります。そこはぜひ楽しみにしていたいただけたら」と絶賛した。

そして、本作の主題歌中島みゆきの名曲「時代」であることが発表され、主題歌入りの予告がスクリーンで流される。

主題歌に決まった感想を求められ、山田は「まず『時代』が主題歌だと聞いたときに、なんてこの映画にピッタリの主題歌を持ってきてくれたんだろうって思いました。内容にリンクしている部分が多くて、よりこの映画の良さを引き出してくれているなって。この時代に、中島みゆきさんの『時代』が新たな1ページをめくるんだなと思うとうれしく思います」と感慨深い様子で語った。

また、作品にちなんで2019年の消したくない記憶、消してしまいたい記憶について語る場面が。

消したくない記憶について、山田は「『記憶屋』の撮影つながりで言うと、蔵之介さんがクランクアップの日に、(実家の)日本酒をくださいまして。あの味がとてつもなくおいしくて! 忘れられないし、忘れたくないなと。あれを消されたら困ります」と語ると、横にいた佐々木が「この冬もいい酒ができて、また(笑)」と耳打ちのようにし、2人でにこやかに“打ち上げ”の予定を立てていた。

逆に消したい記憶については「芳根さんが撮影の合間にクッキーを作って持ってきてくれていて、これがまたとてつもなくおいしくて! それをごっそり持って行ったんですけど、スタッフさんに注意されました。さすがにそれは…って(笑)。あれは恥ずかしいので、消したいですね」と苦笑いしながら振り返っていた。(ザテレビジョン

山田涼介が「記憶屋―」のイベントに登場した