7月7日NHK大阪ホールを皮切りに始まった約4年ぶりのAKB48全国ツアーは、大阪・ 宮城・広島・埼玉・神奈川・福岡・名古屋・東京・千葉・北海道と10会場での公演を終え、12月9日・10日に「TOKYO DOME CITY HALL」にて行われた、チーム4、チームB、チームK、チームAの、各チームツアーファイナルで全公演の幕を閉じた。

【画像を見る】AKB48全国ツアー2019 ~楽しいばかりがAKB!~チームツアーファイナル (C)AKS

12月9日夜に行われたチーム4公演では、チーム4キャプテン・村山彩希と岡田奈々コンビゆうなぁ」での単独コンサート2020年1月22日に同会場にて開催されることが発表された。岡田奈々は「ずっと2人でコン サートやりたいと言っていたので、その目標がこのアイドル人生で叶うのは嬉しいです。頑張りましょ!」と村山彩希と固い握手を交わしていた。

12月10日の朝に行われたチームB公演では、柏木由紀チームBキャプテン・岩立沙穂に「うるさい大人と子供をうまく優しくまとめてくれてる!」と太鼓判を押していた。

また、太田奈緒は「先輩方とこうやって一緒にステージ立ててるのって(チーム8との)兼任があったからやし、仲を深められたのもすごく嬉しくて、本当にチームBで良かったって心の底から思います。チームBが大好きです。本当に幸せです。ありがとうございました。」と感謝の気持ちを述べていた。

12月10日の昼に行われたチームK公演では、先日卒業発表をした峯岸みなみが「このチームKのツアーはすごく楽しくて、振り返ればAKB48に入った当初は 『まだ人を楽しませる力がないのに自分たちが楽しむな』って言われていて、私たちがステージを楽しむのはまだ早いんだと思いながらずっとステージに立っていました。でも長くAKB48にいさせてもらって、素敵なチームに巡り合えて、メンバーと一緒にこのステージに立つことが、こんなに楽しいんだ!って、そして『楽しい!』って言っていいんだなって思えるところまで来たんだなと自分で感じて、すごく感慨深くなりました。

これからまだまだ先が長いメンバーたちにとって、ステージを楽しく感じられない瞬間とか、本当は笑顔でいられない瞬間とか、そんな時がたくさんありながらも、みんなのためにステージに立つと思うんですけど、みんながAKB48を卒業する頃には、心からステージを楽しいと思って卒業してほしいので、それまでチームKでのこの思い出を胸に、これからも羽ばたいてください。チームK最高でした!ありがとうございました!」と感謝の気持ちをメンバーそしてファンの皆様に伝え、自身も涙を浮かべていた。

チームK・キャプテンの込山榛香は、峯岸みなみや矢作萌夏などの卒業を受け「一人一人がすごく自分を持っていて、 自分のやりたいこととか、これからの道をはっきり意思表示するメンバーがたくさんだからこそ、卒業という新たな道に行くこともあるんだと思います。ファンの方は卒業するたびに大丈夫かな? って不安に思ってしまうと思うんですが、こうしてみんなと活動してきて、心から楽しいから大丈夫だと思います。本当にチームKと一緒に活動していると“楽しいばかりがAKB”だなと思いますし、今この一瞬一瞬を大切に私たちはステージに立って、ファンの皆さんも私 たちがアイドルでいる時間一瞬一瞬を大切に応援して目に焼き付けていてほしいなと思います」と決意を新たにしていた。

12月10日の昼に行われた、チームA公演では、横山由依が「AKB48と自分の母親とも同じ誕生日(12月8日)で、27歳になりました。加入して10年目になるんですが、先ほど歌った「偶然の十字路」が9年前位にWセンターでいただいた楽曲で。時の流れは感じますが、みなさんと今日一緒に過ごせるということを噛み締めていきたいと思います!」と気合の入ったコメントをした。

また、先日のツアーで昇格発表された佐藤美波は「すごく緊張しているんですが、今日3人くらいの方にファンになってもらえるように頑張ります」と控えめにアピールしていた。そんな佐藤美波と 同じく昇格した道枝咲は、ユニットコーナーで2人のために追加された「真夏のクリスマスローズ」を初々しくもしっかりとパフォーマンスした。

さらに、加藤玲奈は「こうやって(ステージに)立てるのは当たり前じゃなく、みなさんがいてくれてこそメンバーステージに立てるので、本当にありがたいなと今日改めて実感しました。そして、今色々なグループがいますけど、なんだかんだAKB48がいいな、その中でもチームAがいいなって思ってもらえるように、これからも全力でみんなで頑張っていきたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします。」

チームAキャプテン・岡部麟は「この1年はAKB48にとってピンチなこともたくさんあったんですが、でもこうしてAKB48で4年ぶりにコンサートツアーが開催できて、本当に良かったなと思うし、これっきりにならないで、来年もまたコンサートが開催できるように、繋いで行けるように頑張りたいと思いますし、私たちももっともっとパワーアップしますので、みなさんこれからもどうぞ応援 よろしくお願いします!」と2020年AKB48に向けた意気込みをファンの皆様に誓って、AKB48の全国ツアー全行程は幕を閉じた。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス/野木原晃一)

AKB48全国ツアー2019 ~楽しいばかりがAKB!~チームツアーファイナル (C)AKS