この夏、サウナ界を加熱させた観るだけでととのドラマ
「サ道」年末SPが決定!
今回の舞台は北海道!年の瀬に"北の聖地でととのう”
2019年7月19日から10月4日まで<ドラマ25枠>(テレビ東京ほか 金曜深夜0:52~)で放送し、
現在BSテレ東にて、水曜深夜0時~放送中のドラマ「サ道」。
2019年12月28日(土)午後4時~「サ道」2019年末SPをテレビ東京ほかにて放送することが決定しました。
本作でも、原田泰造、三宅弘城、磯村勇斗ふんする3人のサウナーが、サウナへの愛をひたすら語り合います。さらに、主人公・ナカタ(原田泰造)が北の聖地といわれる北海道・上富良野町「白銀荘」を目指します。
真冬の雪景色のなか、ナカタはどんなととのいを得るのか…。ご期待いただけますと幸いです。

(C)「サ道」SP製作委員会
2019年7月期に放送したドラマ「サ道」は、全国のサウナー(サウナ好き)にとっての“サウナ伝道漫画”であるタナカカツキの『マンガ サ道』(講談社モーニングKC刊)が原作の“サウナ好きによるサウナ好きのためのドラマ”。
ナカタ(原田泰造)、偶然さん(三宅弘城)、イケメン蒸し男(磯村勇斗)のレギュラーメンバー3人のサウナにまつわる会話をベースに、主人公のナカタが全国各地の施設を訪れ、『サ道』にまい進。
サウナーなら誰もが会いたいサウナ界の重鎮も続々登場し、「ドラマを観るだけでととのう(※)」と話題に。
日本サウナ大賞、サウナの魂賞、サウナシュランの3冠を受賞し、未だにシリーズ化待望の声が絶えない作品です。

『サ道』の作法~“ととのう”までの流れ~
サウナ室 ~ 水風呂 ~ 休憩(外気浴) →“ととのう”
ととのう…サウナ室~水風呂~休憩(外気浴)を3回程度くりかえすことで得られる、多幸感、
 一種のトランス状態をいう

「サ道」年末SP放送中には、2018年10月10日から「サウナバイクととのう漫画『ととのったMAGAZINE』」を連載するなどサウナを愛する「ヤマハ発動機株式会社」と番組がコラボした、スペシャルサウナインフォマーシャルも放送予定。

【原作「タナカカツキマンガ サ道~マンガで読むサウナ道~』(講談社モーニングKC刊)」】
(C)タナカカツキ/講談社

「バカドリル」「コップのフチ子」などで知られ、サウナ大使にも任命された プロサウナー・タナカカツキが、自身をモデルとし、実体験をもとにサウナの奥深さや入り方・マナーなどを描いた作品。サウナの道=“サ道”を究めていく過程やそこで出逢う個性的な人々との出来事をウィットに表現した、サウナーなら誰もが読んだことのある“サウナ伝道漫画”です。
2019年11月21日に、最新刊『マンガ サ道』3巻が発売されました。

キャスト紹介】
主人公「ナカタアツロウ」を演じるのは自他共に認めるほどのサウナ好きで知られる原田泰造お笑いトリオ
ネプチューンとして活躍する傍ら、映画「アイネクライネナハトムジーク」「ミッドナイト・バス」「スマホを落としただけなのに」、大河ドラマ龍馬伝」「篤姫」、連続テレビ小説ごちそうさん」(以上/NHK)などにも出演し、俳優としても実力を発揮し続けています。
そして、サウナ仲間「偶然さん」を演じるのはサウナ歴20年以上の三宅弘城。「ナイロン100℃」に所属し舞台俳優として活躍しながらも、大河ドラマいだてん~東京オリムピック噺~」、連続テレビ小説あさが来た」(以上/NHK)など、映像の分野でも幅広く活動している実力派俳優。また、パンクバンドグループ魂」「画鋲」でドラムを担当するなど音楽活動も行っています。同じく、ナカタのサウナ仲間イケメン蒸し男(むしお)」を演じるのは日々友人たちにサ道の流儀を伝え広めているという磯村勇斗。仮面ライダーゴースト」(テレビ朝日)出演をはじめ連続テレビ小説ひよっこ」(NHK)や「今日から俺は!!」(日本テレビ)「きのう何食べた?」(テレビ東京)「インハンド」(TBS)「時効警察はじめました」(テレビ朝日)など話題作に次々と出演し、今大注目されている若手実力派俳優です。

【役柄紹介】


■ナカタアツロウ役 / 原田泰造
職業:フリーランスクリエイター
幼少期の思い出から、サウナに苦手意識を持っていたが、
蒸しZとの出逢いによってサウナにはまる。
今では、全国各地のサウナに足を運ぶほどのサウナ好き。




■偶然さん役 / 三宅弘城
職業:営業マン
「偶然、偶然!」が口癖で、偶然さんというあだ名がついた。
ナカタの問いかけに対し、いつもいい加減な応えをしては
イケメン蒸し男に制されている。




イケメン蒸し男(むしお)役 / 磯村勇斗
職業:経営コンサルタント
ナカタ曰く、サウナで蒸されている姿がイケメンだったため、
イケメン蒸し男というあだ名に。
冷静沈着、博識だが、サウナ愛がとても強く、
2人のおじさんアナログ感も好き。



■原作者:タナカカツキ

1966年生まれ、大阪府出身。18歳マンガ家デビュー
以後、映像作家、アーティストとしても活躍。
マンガ家として『オッス! トン子ちゃん』『バカドリル』(天久聖一との共著) 『マンガ サ道』など作品多数。映像作品『ALTOVISION』では「After Effects」や「3ds Max」を駆使して、斬新な映像表現に挑んだ。2013年、日本サウナ・スパ協会により公式にサウナ・水風呂の素晴らしさを世に知らしめるサウナ大使に任命される。


主題歌Cornelius小山田圭吾



1989年フリッパーズギターメンバーとしてデビュー
バンド解散後に、Corneliusとして活動開始。
現在まで6枚のオリジナルアルバムリリースしており、自身の活動以外にも
国内外多数のアーティストとのコラボレーションプロデュースなど幅広く活動している。



エンディングテーマ:Tempalay
左から:小原綾斗、AAAMYYY、藤本夏樹

2014年に結成された3人組ロックバンド
結成から約1年後にはFUJI ROCK FESTIVALに出演という
快挙を成し遂げる。さらに、大型フェスへの出場や全米ツアー
などを国内外で精力的に開催。
2017年には、2ndアルバム『from JAPAN 2』を、
2019年6月には3rdアルバム『21世紀より愛をこめて』を発売。



ストーリー
主人公・ナカタアツロウ(原田泰造)はフリーランスクリエイターサウナに興味がなく、むしろ苦手意識を
もっていたが、ある日、謎のプロサウナー「蒸しZ」に出逢い、サウナの本当の気持ちよさを知ってしまう。
今日もホームサウナの東京・上野「サウナ北欧」でいつものようにサウナ仲間の偶然さん(三宅弘城)やイケメン蒸し男(磯村勇斗)とサウナ談義に花を咲かせている。全国各地の有名施設を訪れてきたナカタは、2019 年の締めくくりに「北の聖地・白銀荘」を目指し北海道サウナツアーの旅に出る。北海道サウナサウナ飯を堪能し、地元の人たちのサウナ愛に触れながら、ナカタは最終目的地「白銀荘」の前に立っていた…。

【番組概要】
番組名 : 「サ道」2019年末SP-北の聖地でととのう-
(C)「サ道」製作委員会
放送日時 : 2019年12月28日(土)午後4時午後5時
放送局 : テレビ東京 テレビ大阪 テレビ北海道 TVQ九州放送 ほか
原作 : タナカカツキマンガ サ道』(講談社モーニング KC 刊)
出演 : 原田泰造 三宅弘城 磯村勇斗
脚本 : 根本ノンジ
音楽 : とくさしけんご
主題歌 : Corneliusサウナ好きすぎ」(ワーナーミュージック・ジャパン)
エンディングテーマ : Tempalay「そなちね」(SPACE SHOWER MUSIC)
監督 : 長島翔
プロデューサー : 五箇公貴 寺原洋平 松本彩夏 手塚公一 伊藤才聞
制作 : テレビ東京 イーストエンタテインメント
製作著作 : 「サ道」2019年末SP 製作委員会

DVD & Blu-ray情報
発売:2019年12月25日(水)
価格:【蒸しZタオル付 豪華版】(初回生産限定)Blu-ray 21,000円 / DVD 17,000円
   【通常盤】Blu-ray 19,000円 / DVD 15,000円       ※すべて税別
特典映像:1. メイキング映像
     2. イベント1. プレミアムトークショー in SAUNA FES JAPAN
     3. イベント2. サウナアンバサダー授与式&サウナイト
     4. ととのシーン15連発
     5. 観るだけでととのう「ととのビデオ

■『SKYTREE SAUNA』(スカイツリーサウナイベント情報
概要:ドラマ「サ道」が提案するミライサウナエンターテイメント
期間:12月1日~25日まで
場所:東京スカイツリータウン(R) 4F スカイアリーナテレ東 冬のあったかパーク” 内にて
チケット:完全予約制 12月10日(火)15時~ 後半日程(12月14日~25日)の予約受付開始
     https://www.tablecheck.com/shops/skytree-sauna/reserve ※貸切利用のみ、最大6名まで
料金:1回/3名まで 9,000円、4名12,000円、5名15,000円、6名18,000円(税込)

■公式TwitterInstagram
サ道ドラマ公式・  @sado_PRsauna
Twitter https://twitter.com/sado_PRsauna / Instagram https://www.instagram.com/sado_PRsauna/
公式ハッシュタグ「#サ道」
■番組公式HP https://www.tv-tokyo.co.jp/sa_una37/

※原作の書影を使用する際は、下記コピーライト表記をお願いします。
(C)タナカカツキ講談社

リリース1枚目の画像を使用する際は、下記コピーライト表記をお願いします。
(C)「サ道」2019年末SP 製作委員会

※上記以外のキャスト画像を使用する際は、下記コピーライト表記をお願いします。
(C)「サ道」製作委員会

配信元企業:株式会社テレビ東京ホールディングス

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ