上白石萌音が主演を務める、2020年1月スタートの火曜ドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系)に、ミキ・昴生、吉川愛、堀田真由、平岩紙の出演が決定した。いずれも上白石演じる主人公の新米ナース・佐倉七瀬と密接に関わる役どころだ。

【写真を見る】渡邊圭祐が人気新人ナースマンを演じる!

原作は、漫画誌「プチコミック」(小学館)に掲載されていた円城寺マキによる同名漫画。

ある日、偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会った七瀬(上白石)。それから5年、彼を追い看護師となった七瀬は、憧れのドクター・天堂(佐藤健)とついに再会する。

容姿も仕事の腕もピカイチで周りの誰からも一目置かれるエリート医師・天堂は、患者に対しては真摯(しんし)に向き合うが、完璧主義者で仕事ぶりは冷徹なまでに完璧。天堂は七瀬が思い描いていた人物とはまるで別人だった。

さらに、ストイックであるが故、周囲から“超ドS”と見られ、「魔王」と恐れられている天堂に憤慨しつつも、仕事に恋に真っすぐな七瀬は、その根性で次々に起こる困難に食らいついていく。

■ 新人ナースたちの掛け合いに注目!

今作が連続ドラマ初出演のミキ・昴生が演じる、循環器内科のナースステーションのムードメーカー・沼津幸人(ゆきと)は、七瀬たちの先輩ナースマン。

沼津は頼りになる兄貴分だが、結婚間近とあって恋愛マスター気取りでアドバイスする傾向があり、みんなに少々面倒がられてしまうという役どころ。沼津も関西出身という設定のため、コミカルに演じる姿に注目だ。

また、七瀬の同期ナース・酒井結華(ゆいか)役を吉川が、菅野海砂(かんの みさ)役を堀田が演じる。

母親がナースでもある結華は、大学の看護学科を卒業した優秀な新人ナース。同期で同じ循環器内科ナースの七瀬と切磋琢磨(せっさたくま)する一方でライバル視もしている。

そのため、お人よしで一生懸命な七瀬とは正反対のドライな考えを持っているため、七瀬ともめることもある役どころ。

それに反して、海砂は七瀬と同級生だが達観しているところがあり、何かと七瀬に頼られている七瀬にとって人生の先輩のような存在。

ドジばかりの七瀬にあきれながらも、良き恋愛相談相手にもなる整形外科の新人ナースだ。

吉川と堀田は今作が初のナース役だが、数々のドラマ出演が続く実力派の2人と上白石との新人ナースとしての掛け合いは見どころ。

そして、循環器内科の主任ナース・根岸茉莉子(まりこ)役には平岩紙が決定。平岩が演じる根岸は、仕事にストイックな天堂が心を許し、認めている数少ないベテランナース。七瀬が天堂の鉄の心を溶かしてくれるのでは… とひそかに期待している。

■ ミキ・昴生コメント

最初オファーが来た時にどこのバンドドラマーかなぁと思っていたのですが、まさかまさかのドラマ出演で驚きました。冗談はさておき、ドラマ出演うれしすぎます!

ドラマが大好きで、好きなドラマDVDを買うほどなので、ドラマに出演できるのは喜びです。役者さんスタッフさん、皆さんに迷惑をかけないように事前にいっぱい謝っておこうと思います!ナースマン昴生をお楽しみに!

吉川愛コメント

結華ちゃんは負けず嫌いで頑固。七瀬をライバル視していて、気がとても強いですが頭の良い女の子です。

出演が決まった時、私にできるかどうか不安でしたが、台本を読んだ時とても面白くて、不安より楽しみの方が大きくなりました。

ですが、お会いするのが初めての方ばかりなので緊張もしています。初めてナース役をやらせていただくので、分からないことだらけですが、勉強して、できる新人ナースに見えるように頑張りたいと思います。そして、また次の回も観たいって思っていただけるように頑張ります。

■ 堀田真由コメント

私が演じる菅野海砂は整形外科の新人ナースです。私自身、医療についての知識は皆無でしたが、彼女と共にしっかり学び表現できればと思っています。

医療に携わる作品は命の尊さや大切さを改めて感じるものです。そんな大事な職種を演じさせていただけることをとても光栄に思います。

今作は医療ドラマではありますが、ラブコメ要素盛りだくさんなので、皆さんに楽しんで観ていただけると思います。無謀ながらも真っすぐに天堂先生を思い続ける七瀬ちゃん。

恋に仕事に奮闘する彼女が一体どうなるのか、そしてナースとしてどう成長していくのか目が離せません。同期として彼女を支える存在でいられるよう頑張ります。楽しみにしていてください!

平岩紙コメント

脚本をいただき、久しぶりに直球のラブコメディー、これぞテレビドラマだなあとワクワクしました。萌音ちゃん、佐藤さん、皆さんが演じられている姿が鮮やかに想像でき、まさにぴったりで。

きっと明るくかわいらしい、幸せな気持ちになれる作品になると思います。そして、新人のナースたちがひたむきに仕事と向き合い奮闘する模様も、観てくださる方々の明日への活力になればうれしいです。私自身は、この二人の恋を応援する、温かな存在になれたらと思います。

■ 宮崎真佐子プロデューサーコメント

天堂先生に会いたい一心で看護師になった主人公・七瀬ですが、その道は甘いものではありません。

常に生と死が隣り合わせの現場で働く彼、彼女らが“何が最善か”悩みながらも一人一人の患者さんに向き合う、そんな看護師さんたちのリアルな日々を描くこともこドラマの重要な一面だと思っています。

そして、七瀬と天堂の恋の道を温かく応援してくれる仲間でもあります。その看護師の役を、個性豊かな方々に演じていただけることになりました。

看護師の彼ら彼女らの会話もできるだけリアルになるよう心掛けていますので、ぜひその部分にも注目していただきたいです。(ザテレビジョン

ミキ・昴生が連ドラ初出演!先輩ナースマンを演じる