昨年、ロシアで行われたFIFAワールドカップ

大会直前に監督交代に踏み切った日本代表ベルギーとの激闘の末にベスト16で散った。この失点シーンは何度見ても悔しさがこみ上げる…。

これが世界レベルの高さ…。

このロシアW杯についての疑惑を『Sky Sports』などが報じている。

ロシアW杯の入札をめぐって、ゼップ・ブラッター元FIFA会長は“ロシアのオリガルヒ(新興財閥)”によって買収されていたという。

これはアメリカ合衆国司法省が公表した報告書に基づくもの。ロシア開催が決まった2010年当時、ブラッター氏はFIFA会長を務めていた。

430ページに及ぶ報告書には、ロシアがW杯開催の権利を獲得するためにオリガルヒがFIFA会長を買収することを当時のウラジーミル・プーチン首相が承認したなどと記されている。

報告書にブラッターという名前こそ出てこないものの、2010年の投票において同氏は役割を果たしていたとのこと。

ロシアW杯に疑惑…FIFAのブラッター元会長を買収か