過去に伸び悩んだエデゴーの例も踏まえ、「先を急ぐべきではない」との見解

 マジョルカの日本代表MF久保建英は、5試合連続でスタメン出場を果たすなどシーズンを追うごとに存在感を増している。スペインの名門レアル・マドリードから1年間の期限付き移籍のため、当然シーズン終了後の去就にも注目が集まるが、スペイン紙「エル・エスパニョール」は、レンタルバックを一つの選択肢に挙げつつ、マジョルカよりも上位を狙えるチームへのもう1年間の武者修行の可能性を指摘している。

 今夏にレアルと契約した18歳の久保は、同じスペイン1部で昇格組のマジョルカへ期限付き移籍。シーズン序盤こそベンチスタートが多かったが、現地時間11月3日リーガ・エスパニョーラ第12節バジャドリード戦(0-3)から5試合連続スタメン出場、同13節ビジャレアル戦(3-1)では待望のリーガゴールマークしている。

 12月7日に行われたリーガ第16節バルセロナ戦(2-5)にもフル出場し、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシマッチアップする場面もあった久保。レンタルの身だけに、期間が終わるシーズン終了後の動向は気になるところだが、「エル・エスパニョール」紙は“ノルウェーの神童”として鳴り物入りで入団し、現在はレアルソシエダに期限付き移籍中のMFマルティン・エデゴーを引き合いに出して展望している。

「選手(久保)の将来はラ・リーガとマドリードにあるが、ただ先は長い。エデゴーのケースのように先を急ぐべきではなく、クラブブランコレアル・マドリード)へたどり着くまで毎シーズンジャンプアップすることを期待されている。(他選手との)違いは、久保は低いレベルでのリーグで経験を飛び越し、18歳スペインの大会で輝きを見せていること。ラ・マシア(下部組織)で国内リーグでのプレースタイルに触れ、現在はより慣れている。マジョルカでは“大人たち”と競うことを学び、十分なものを見せている」

レアルから見た「より論理的オプション」は上位を狙えるクラブへの再レンタル

 記事では、来季レアル復帰を果たす可能性にも触れつつ、マジョルカよりも上位を狙えるチームへ再び期限付き移籍をすることが、“現実的な選択肢”だとしている。

「来季レアル・マドリードトップチームに残る可能性を除外するには時期尚早だ。しかし、現状でクラブブランコから見たより論理的オプションは、再度のレンタル移籍。間違いなくラ・リーガで、マジョルカより高い目標を掲げるチーム。それが久保が進むべき道になる。感覚としてはそれほど先ではない段階でカンプ・ノウ(バルセロナの本拠地)に戻るだろうということ。しかし、次回はレアル・マドリードユニホームに身を包んでいるかもしれない」

 シーズン終了後、18歳日本人レフティーはどのような決断を下すのだろうか。(Football ZONE web編集部)

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】