12月12日(木)放送の「冒険発掘バラエティ 霜降り明星のあてみなげ」(毎週木曜夜0:20-0:50、静岡朝日テレビ)では、霜降り明星が“静岡デートスポットめぐり”を行う。

【写真を見る】粗品はアーチェリーに挑戦!

■ ロケ中に加地EPが登場!

今回は、「霜降りバラエティ」(毎週木曜夜1:56-2:21、テレビ朝日)とのコラボ企画が実現。2つの番組の企画やスタッフが入り乱れてロケを敢行する。 

まず、霜降り明星の2人には「コラボ企画」ということは隠してスタート。その様子を「霜バラ」の加地倫三エグゼクティブプロデューサーが監視することに。

すると、「霜バラ」ロケ時よりテンションの低い霜降り明星に、加地EPは「後で注意するか」とポツリ。果たして、どんな反応を見せるのか。

舞台は、静岡県西部エリア有数のデートスポット、掛川花鳥園(掛川市)。出されたカンペを忠実に守って静岡のデートスポット巡るという企画だが、せいやは「カンペいらんよ~」と一言。しかし、ディレクターは無視して「現場の士気あげて」と指示。せいやは、仕方なくテンションを上げる。

そして、園内の温室エリアに入ると、正面からいきなり加地EPを先頭にした「霜バラ」クルーが乱入。その瞬間、粗品は「ギャーーー!」と叫んで逃げ回り、せいやは「うわぁーーー、加地さんや!」と目を輝かせる。

そんな2人を見た加地EPは「なんか、ちょっとテンション上がったね」と鋭い指摘。せいやは、「ちゃうちゃうちゃうちゃう。別にあてみなげ舐めてるわけじゃないです…」と言い訳しつつ、「初めて加地さん来てくれた『霜降りバラエティ』に! やったー! ほんまについてくれてたんですね!」と声を弾ませる。

ここで、静岡朝日テレビの宮崎玲衣アナウンサーが「今からここ静岡県で、『あてみなげ』と『霜降りバラエティ』を1本ずつ収録していきます。『あてみなげ』では昼のデートスポットを巡って、『霜バラ』では夜のデートスポットを巡るという2部構成の企画なんです!」と今回のコラボ企画を説明。

■ せいや「そんなテレビ見たことない」

まずは、「あてみなげ」のロケから再開。霜降り明星が、放し飼いにされているインコの餌やりに挑戦。せいやがふざけて粗品の頭に餌を置いた瞬間、インコがせいやの頭に着地するという大爆笑の展開に。

すると、どこからともなく「霜降りバラエティ~♪」の音声が。ここで、宮崎アナから「この音が流れると、番組が交代します」の補足説明がされた。

霜降り明星にとってはこれも想定外で、粗品は「意味分からん!」と言い、せいやは「うまくできるかー! そんなテレビ見たことないって!」と慌てる。

そんな中、新たなカンペで「霜バラ」から「粗品苦手克服 鳥を好きになろう」との指示が。その上で「インコ10匹乗るまでは動いてはいけない」というミッションが課せられる。 

続いて訪れたのは、つま恋リゾート彩の郷(掛川市)。ここでは、ご褒美を賭けてアーチェリーに挑戦する。

■ 霜降り明星コメント

――「霜降りバラエティ」とのコラボ企画、いかがでしたか?

せいや:びっくりしました! 何事かと思いましたね。「霜降りバラエティ」のスタッフさんが静岡いたんで。とんでもない数のカメラスタッフさんで、しかも、静岡朝日テレビの社長さんも来られてたんで、スベったら殺されるっていう気分でやってました。

大御所になった気分でした。すごいスタッフの数やったんで。いい思い出になりました!

粗品:悪寒が走りましたね。やっぱり、日々、東京・お笑いテレビの大波にのまれながら一生懸命やっている中で、静岡でいい意味でリラックスしてできる番組、ロケをしていたのに、あの加地さんがカメラ持って突撃してきたんで、ちょっと怖かったです。

「霜降りバラエティ」って分かってからは良かったんですけど、「霜降りバラエティ」って分かる前は、まあまあ怖かったです。

――今日の一番の見どころは?

せいや:やっぱりコラボの瞬間ですね。テレビで今まで見たこと無い感覚になると思います。二つの番組見ていただいている方は、より面白いですし、これをきっかけに「霜降りバラエティ」しか見てなかった人も、「あてみなげ」しか見ていなかった人も、(両番組)TVerで見れますんで、ちょっと雰囲気が違う2つの番組見てほしいですね。

(番組が)入れ替わる瞬間なんかね、ドラクエの“仲間を呼ぶ”みたいな感じでめっちゃ面白いんで、見てほしいですね!

粗品:僕、頑張りました、鳥10羽! 僕からしたら死刑と一緒ですからねアレは。鳥葬ってこんな気分なんだなって思いました。僕が鳥10羽に囲まれているところが見どころです! あとはアーチェリーですね!(ザテレビジョン

「冒険発掘バラエティ 霜降り明星のあてみなげ」と「霜降りバラエティ」がコラボ!