民放初の赤ちゃん向け番組「シナぷしゅ」が、12月16日(月)~20日(金)の朝7時35分からテレビ東京系で放送されることが決定した。

【写真を見る】ゴッドタンの天使の衣装で踊る松丸友紀アナウンサー

本作のメーンターゲットは0~2歳の乳幼児。「赤ちゃんテレビは見せない方がいい?」と悩む人に、少しでも安心してもらえるよう、東京大学赤ちゃんラボに番組内容の監修を依頼。大人たちの固定観念を極力排除したいという考えの下に制作された。

またメーンキャラクターの名前は「ぷしゅぷしゅ」に決定。色や形に決まりはなく、色は子どもたちが好きな色に塗れるようにと白、形も変幻自在になっている。

■ 気になる番組内容は?

赤ちゃんに良質な動画コンテンツを提供したい」と、部署を超えて立ち上がったテレ東のパパママ社員。

5人のプロデューサーがそれぞれ、さまざまな分野のクリエーターコラボ。番組は10コーナーから成り、それぞれが1分~2分程度で赤ちゃんを飽きさせないような構成になっている。

冒頭は、松丸友紀アナウンサーが考案したシナぷしゅダンス「はじまりぷしゅ」。「はじまりぷしゅ」は、0~1歳の乳児でも手ぶりをまねることができるよう、簡単な手遊びや優しい動きのダンスになっている。

もちろん、ねんね期の赤ちゃんでもパパママが手を取って動かしてあげれば、親子の楽しいコミュニケーションに。

スケッチモーション」は、手の動きに合わせて絵が動きだすという想像力豊かな内容。子どもたちも手を動かして楽しめる。

オリジナルアニメしずくのたび」では、切り絵アニメ作家とコラボ。水のしずくの一生を情感あふれるストーリーと音楽で表現。

これから大きく変わる社会や地球環境の変化の中で生きることになる子どもたちに、自然や生き物、他者を思いやる共感力や想像力を養ってほしいというメッセージが込められている。

「せかいのことば」では、普段耳にしない言語のあいさつを音としても楽しめ、言葉を通して子どもたちの世界を広げる。

サウナを舞台にしたドラマ「サ道」で、テレ東と交流のあるフィンランド大使館の参事官夫人とキッズアテレコに挑戦するなど、さまざまな国の大人や子どもたちが参加している。

どうぶつ落っちんぐ」では、クラッシック音楽に合わせて動物たちが鳴き声を上げて大合唱

「マンマタイム」は、普段危ないからと、キッチンに入れてもらえない乳幼児たちに、彩り豊かな食材が調理されていく様子を見せる手元動画。

ニンジンじゃがいも、いろんな食材が形を変え、普段食べているような離乳食・幼児食へと変化していく。

絵本に出てくるリンゴは赤くて丸いのに、お皿にのって出されるリンゴは全く違う…普段見られない料理の過程を見せることで、食に関心を持ってもらいたいとの思いが込められている。

また「乳幼児にウケる技術」を手掛けるのは、「家、ついて行ってイイですか?」(毎週水曜夜9:00-10:00)の高橋弘樹プロデューサー

多忙な中でも、自身の子どもと触れ合い、笑わせてきた経験から「赤ちゃんを絶対に笑わせる!」と意気込んでいるそうだ。

最後は「おわりぷしゅ」のダンスで終わり。これは少し大きい幼児向けのダンスで、松丸アナが「ゴッドタン」(毎週土曜深夜1:45-2:10)で培ったダンス技能を生かして、ヘンテコな動きも織り交ぜた振り付けに。そして、なんとゴッドタンの天使の衣装で踊る。

松丸アナは「2歳の息子に『こんな振り付けはどう?』とダンスを見せながら、息子がまねしたがった振り付けを盛り込んで考案しました。

はじめのダンスは、新生児の赤ちゃんでもママの触れ合いの中で楽しんでもらえたらと、手遊び要素を盛り込みました。

エンディングはお尻をフリフリしたり、ロボットダンスをしたり…親子で楽しめる振り付けにしました」とポイントを解説した。

なお、放送直後にはYouTubeなどでも配信し、子育てに奮闘する世の中のパパママの肩の力を「ぷしゅ~」っと抜いてあげられるような番組を目指すとのことだ。(ザテレビジョン

民放初の赤ちゃん向け番組「シナぷしゅ」がテレビ東京系で放送決定!