マクドナルド冬の風物詩グラコロ」。

グラタンコロッケが入ったロングセラーメニューで、外のサクサク感と中はとろとろ感はたまらないですよね。

グラタンコロッケが入ったバーガーといえばマック、と思う人も多いかも知れませんが、実はコメダ珈琲店」でもグラタンコロッケサンドしたバーガー「グラクロ2019年11月28日から季節限定で販売中です。

マックがグラ""ロで、コメダがグラ""ロ。

似た名前の2つバーガーですが、今、SNSではサイズ感の違い」が大きな話題になっています。

グラクロは巨大

マクドナルドの「グラコロ」は、クリーミーなホワイトソースに相性抜群のえびとマカロニを加えたグラタンコロッケを、バンズでサンドしたバーガーです。単品価格は340

コメダの「グラクロ」は、ゴーダチーズ、モッツァレラチーズ、チェダーチーズ、パルメザンチーズの4種のチーズが絡まる濃厚なグラタン・クロケットコロッケ)がサンドされたバーガー。コメダ特製のドミグラスソースとの相性は抜群です。価格は580円~610円(店舗により価格が異なる)。

さて、コメダといえば、ボリューミーなメニューがたびたび注目を浴びていますが、グラクロも期待を裏切らず、巨大サイズ

マックグラコロと並べてみると......。マックの「グラコロ」は直径約8.5センチコメダの「グラクロ」は直径約12センチでした。

大きさも違いますが、記者が驚いたのは重さです。グラコロ150gだったのに対し、グラクロは倍の300g! ずっしりとした重さを感じます。

SNSでは、

「想像より大きくてびっくりした」 「グラコロとは比べ物にならないくらい大きい」

など、グラクロ自体の大きさや、グラコロとの比較した驚きのコメントが散見されます。

そもそも価格も倍近く違うのでこのボリュームの差は当然。見た目の違いに驚いたところで、肝心の味もチェックしてみましょう。

やはりコスパはマックか

マックの「グラコロ」は、バンズがふわっふわで、ほのかバターの風味を感じます。たまごソースコロッケソース、とろっとしたグラタンコロッケが絶妙にマッチ。毎年話題になるのもうなずけます。

コメダの「グラクロ」は、冷めてもコロッケの衣がサクサクで、濃厚でクリーミーなグラタンの味わいが楽しめましたグラタンに負けないしっかりとしたソースの味わいも◎。たっぷり入ったシャキシャキ感のあるキャベツ、パン、サックサクとろとろのコロッケは相性がよく、ボリュームはありますが、あっという間に食べきってしまう美味しさでした。

どちらもグラタンコロッケサンドしたメニューではありますが、美味しさや魅力はそれぞれです。

ネットの反応を見てみると、

「総評するとグラコロマックのが好み」 「グラコロマックの方好きかも!」 「コメダグラクロのが全然美味しい」 「マックより本格的で好きかも」

と好みは分かれています。

量と旨さはコメダコスパマックって感じ」といった声も見られました。

気になる人は、食べ比べを楽しんでみるのも楽しそうですよ!

ちなみにグラクロの「クロ」は、グラタン・クロケットの略コメダ珈琲によると、クロには、クロケットのクロと、ドミグラスソースのクロ(黒色)の2つの意味が込められているそうです。