02_e0

 オーストリアを拠点として活動しているアーティストトーマスメディクス(は錯覚の達人と呼ばれている。

 回転する立方体の中に収められているのは、無数のガラスの破片なのだが、見る角度によってまったく違う表情を見せるのだ。

―あわせて読みたい―

特定の視点から見ると浮かび上がってくる錯視、アナモルフィック彫刻
エッシャーの世界観が現実に!?幾何学的曲線の巨大なエスカレーター彫刻がエスカレーターの上に(オーストラリア)
古本や捨てられていた本が立体彫刻となってよみがえる。表紙をめくると奥深きファンタジーの世界が広がっていた。
風を食べて動く生命体のよう。キネティック彫刻の第一人者「テオ・ヤンセン」の今年の作品がすごかった!
遠くから見ると素晴らしい芸術作品だけど近づいてみると・・・錯視を利用したアート作品の奥行きが凄い!


Head Instructor from thomas medicus on Vimeo.

 ヘッドインストクターは、塗装されたガラスと細かく切ったガラスの破片で構成された彫刻である。

 人間の頭部がモチーフとなっており、頭の中に隠された思惑や、囚われている思考などを表現しているという。

01_e0


 また、同じものを見ていても、自分と他人では見え方が違っている。それは世界を見るときも同じで、どうしたって偏りがでてきてしまう。

 今見えているものは全てではなく断片的なもの。見えていない部分が必ずどこかにある。そういった暗喩も含まれた作品なのだそうだ。

3

04_e0


05_e0

References: written by どくきのこ / edited by parumo 全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52270291.html
 

こちらもオススメ!

サブカル・アートについての記事―

またインスタで変なものが流行ってる。唇の形を波打たせる「オクトパスリップ」が美容トレンドに
バナナが壁にダクトテープで張り付けられた高額アート、来場者に食べられてしまうというアクシデント勃発(アメリカ)
どうみてもバスにしか見えない?でもこれコンクリートの塊なんだぜ。錯視的3Dグラフィティアート
独創性が過ぎる。クセが強い17のインテリア事例集
あれから37年後、ETが地球にGo home!エリオットと再会を果たすCMに世界が感涙!

―知るの紹介記事―

脚にしがみついて離れない!ある日森の中で出会った野生のリスと男性の物語(ロシア)
海外では意外なほど多くの医師がプラセボ(偽薬)を処方しているという現実
農場に埋まっていた巨大なバイキングの船を発見、船葬に使用されていた可能性(ノルウェー)
実は少しずつ変化していた!スクロールバーのデザインの変化(1981年~2015年)
猫の表情から気持ちを読み取れる“キャットウィスパラー”は約10人に1人存在する※簡易チェックテスト付き
4方向でまったく違う!人間の頭部を回転させたすごい立体錯視