写真提供:Getty Images

 チェルシーフランク・ランパード監督が1月の移籍市場で前線を強化することを示唆した。11日、英紙『デイリーメール』が伝えている。

 先日、補強禁止処分が半減し、1月の移籍市場で補強できるようになったチェルシー。そんな同クラブは1月の移籍市場の為に1億6500万ユーロ(約200億円)を用意しているとも報じられている。そんな中、ランパード監督が移籍市場について言及。前線の補強に動くことを示唆した。

フランク・ランパード

(1月の移籍市場へのアプローチについて)

「今後どのように補強するか議論があると思う。

私たちはエデン・アザールを失い、多くのゴールと創造性を失った。私たちはいくつかのチャンス(決定機)を逃した。おそらく、その分野の強化を推し進め、検討するだろう」

 チェルシーはここ数ヶ月の間、ボルシア・ドルトムントイングランド代表MFジェイドン・サンチョクリスタル・パレスのコートジボワール代表FWウィルフレッド・ザハの獲得に興味を持っているとも報じられているが、果たしてチェルシーは1月の移籍市場で誰を獲得するのだろうか。