Playmajiは同社が開発中レトロゲーム互換機「Polymega」の発売日を2020年2月下旬にすると発表した。今夏より始まったプロトタイプの生産は、現在パイロット版の生産に移行しているという。

 公式サイトではこのほか、12月現在のCDゲーム互換性リストや、『Polymega』向けライトガンの新機能などが発表されている。

(画像は『Polymega』公式サイトより)

 今回発表された「Polymega」向けのライトガン「RGC01 Lightgun」の新機能は、銃の撃鉄の部分にアナログスティックを搭載したことだ。「Polymega」がサポートするゲームの中にこういった機能を利用するよう作られたものは無いが、FPSなどでまったく新しい操作が可能になるという。今後数ヶ月でRGC01 Lightgunの予約など続報が伝えられる予定だ。

(画像は『Polymega』公式サイトより)

 アップデートされたCDゲーム互換性リストは、各プラットフォームで公式にリリースされたゲームの90%をフォローしているという。デモ、プロトタイプなど、ここに記載されていないゲームも動作する可能性がある。欧州と日本のPlayStation、欧州セガサターンPCエンジンCD-Rom2の情報は後日掲載されるとのこと。

 インテリジェントパッチシステムのデモンストレーションも公開されている。これによりローカライズパッチなどをメニューから簡単にロードすることができ、状態を保存したところから新しくパッチを適用してスタートするといった使い方も可能だ。

 PlayStationセガサターンなどのCD ROMゲーム以外に、ユニットを装着することでファミコンスーパーファミコンなどのロムカセットゲームの動作も可能な「Polymega」。総合機と呼んでも良い広範囲なゲームの動作に魅力を感じる方は多いだろう。2019年の発売を首を長くして待っていた方も多いと思うが、2020年2月の発売までもう少し待って欲しい。

ライター古嶋 誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros