12月11日(水)に東京ドームで開催されたKISSの最後のワールドツアーEND OF THE ROAD WORLD TOUR』東京公演に、YOSHIKIがサプライズゲストとして登場。KISSとともに2曲を演奏し、観客を沸かせた。

アンコールになり、ステージに現れたポール・スタンレーが「今日は俺たちにとって、 すごく特別な日だ。俺たちの親友、そして日本を代表するロックスターYOSHIKIが一緒に演奏してくれるぞ!」とYOSHIKIを紹介。そして、ステージYOSHIKIが登場すると、驚きと興奮が入り混じった大歓声が東京ドームに轟いた

1曲目は、YOSHIKIピアノ演奏によるKISSの名バラードBeth」。彼が奏でる美しいピアノの音色とエリックシンガーの歌声に合わせて客席ではスマホライトの波が揺れ、 とても幻想的で感動的な空間になった。

演奏が終わり、YOSHIKIメンバー一人一人と抱き合い、ポール・スタンレーは「YOSHIKIアリガトゴザイマス! No.1!」と彼を称えた。

さらに、再びポールが「YOSHIKIが演奏してくれることは、俺たちにとってとても光栄なこと」と称えた後、ピアノに続き次はドラムで「Rock and Roll All Nite」をプレイ。 “KISS feat. YOSHIKI”の歴史的な共演を体感して大興奮した観客は、彼らがステージを去った後も、歓声と拍手をいつまでも送り続けていた。

YOSHIKIKISSの縁は、1994年に発売されたKISSトリビュートアルバムKISS MY ASS』でYOSHIKIが「Black Diamond」をプロデュースし参加したことがきっかけ。以来、メンバーとは交流が続いており、“YOSHIKI CHANNEL”にもたびたび出演。そして今回、遂にステージでの共演が実現した。

YOSHIKIにとってKISSは、自身が幼少の頃に突然の父親の死に直面し、絶望の淵にいた自分を救った偉大な存在。彼らの音楽を通じ、心の中に溜めこんでいた苦しみや哀しみがロックによって昇華される事を知り、それまで習っていたクラシックピアノだけではなくドラムにも魅せられていった、という。

「今の僕があるのはKISSのおかげ」と語るYOSHIKIの恩返しとも言える今回のステージは、非常に意味深い。なお、YOSHIKIは17日の京セラドーム大阪公演にも出演が決定している。

 

KISS、YOSHIKI