社長直筆のお願いが店舗に貼られたことで話題になった、リーズナブルで美味しいステーキを食べられるチェーン店『いきなり!ステーキ』。

その内容には賛否両論があったが、ちょっとだけいきなりステーキを運営する会社を知っている者としては「社長らしいな…」としか言いようがないものであった。

そんないきなりステーキは安価で美味しいステーキで一躍人気店になったが、いまもっともコスパの良いステーキ店といえばやはり『ステーキガスト』だろう。

■外食業界の青魔導士

ステーキガストを運営するすかいらーくは、一部の外食業界通に「外食業界の青魔導士」と言われており、少し人気が出た業態の店を即ラーニングしてさらにコスパも味も良くしてしまうのだ。

そうすると元の店はたまったものではないのだが、客にとってはありがたい。いきなりステーキとは業態は違うものの、コスパ良くステーキを食べられるという点では共通している。

では、いきなりステーキステーキガスト、どちらがお得にステーキを食べられるのだろうか? 今回はもっとも安価なステーキ2品を食べ、比較することにした。

関連記事:『ステーキガスト』のコスパが異常すぎて他店の存続が心配になるレベル

■ステーキガストのロースステーキ

ステーキガストで比較するための料理は『熟成赤身ロースステーキ』。こちらはランチバーがついて、税抜1,299円だ。

ロースから柔らかな芯だけを熟成させただけあり、程よい噛みごたえと肉汁からあふれ出すしっかりとした旨味は、ファミレスと思えないほどのウマさ。

それにライススープカレー食べ放題ランチバーが付くため、お得感はハンパじゃない。ちなみに、少し肉の量を減らして150グラムにすると、税抜999円になる。

■いきなりステーキのワイルドステーキ

いきなりステーキで比較するのは、ランチタイムに提供される『ワイルドステーキ』。こちらは200グラムグラムで税抜1,130円に、ライススープサラダ480円をつけた。

ステーキガストと比べてカットしてあるぶん食べやすいのだが、厚めの鉄板に乗せ超レアで提供されるため、時間が経つとかなり加熱されてしまう。

肉に熱が入りすぎないようステーキガストは下にオニオンライスを敷いていたが、こちらの付け合わせはコーンのためそれが難しい。

■肉の味はステーキガストが上

気になる味だが、正直言ってスーパーで売っているステーキレベルである。悪くないもののステーキガストのように強い旨味は感じず、どちらかというとあっさりしている。

ただ、付け合わせにニンニクわさびタバスコマスタードを選べるのは嬉しい。しかし、ステーキガストステーキ用のソースだけで数種類あり、いきなりステーキを圧倒しているのだが…。

また、いきなりステーキライス大盛りは選べるもののおかわりはできないため、200グラムだとたくさん食べる人はやや物足りないかもしれない。

■高級肉でも比較したい

結果としては、ランチステーキガストいきなりステーキを比べたところ、ステーキガストコストパフォーマンスはるかいきなりステーキを超えていることが判明した。

いきなりステーキステーキガストにくらべて都心の出店も多いため、アクセスは良い。しかし、車で移動がメインの郊外だと、いきなりステーキを選ぶメリットはあまり無いと感じた。

ただ、いきなりステーキの真価は安価な肉ではなく、リブロースやサーロインなど高級な部位なのかもしれない。次回はそちらでステーキガストいきなりステーキを比較してみようと思う。

・合わせて読みたい→肉好きアメリカ人が初めて「日本の深夜ステーキ」を体験した結果

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

『いきなりステーキ』と『ステーキガスト』どちらがお得? 安価な2品で比較