チョコレートプラネット・松尾駿

お笑いコンビチョコレートプラネットの長田庄平と松尾駿が、11日に行われた『東京二八そばブランド立ち上げ発表イベント』に登場した。

■2人ともそば好き

2人ともそば好きだといい、松尾は「蕎麦屋に行って酒飲むのが大人の男だと思う。酒のシメで食べるのが好き」とこだわっているという。

イベントでは2人がそば職人にならい、そばを実際に切ってみることに。初めての経験ながら、職人からは「60点」の出来栄え。長田は「初めてで60点ならいいほうだと思うけど、高いか低いかよくわからなくてリアクションに困る」。松尾も「60点は芸人としては0点だと思う」と微妙な評価に苦笑い。

関連記事:チョコプラ・長田、結婚ラッシュを羨む 「僕らはネット記事にもならなかった」

■今年を振り返り…

今年1年を漢字一文字で表すと、長田は「あむあむあむ」と、和泉元彌のものまねを披露し「柿」と答える。松尾もIKKOの口調で「潤い」の「潤」。「いろいろ仕事も潤って、生活も潤ってきたので」と説明。

1年の感想も長田は「そばをすすったようにあっという間の1年で本当に早かった」としみじみ。松尾は「そばがザワザワした1年。会社がいろいろゴタゴタがあった」と、所属事務所吉本興業内で起きた騒動をそう表現した。

■来年の新ネタは…

来年披露していく新ものまねも披露。長田は「家族写真が出てきたときに似てたので」の理由で「アグネス・チャンの次男」。

実際にやってみるも、「次男です」と一言。松尾は「キレすぎる梅沢富美男」。「かつらかぶらせろよ。撮ってんじゃねえよ」と誇張した梅沢を真似た。

・合わせて読みたい→松尾雄治がビートたけしと振り返るラグビー部時代 破天荒ぶりが話題に

(文/しらべぇ編集部・亀井 文輝

チョコプラ松尾、“お家騒動”をイジる 「そばがザワザワした1年」