自転車で街を移動していると、「不便だな」と思う瞬間がいくつかある。自転車を停めようと思っても駐輪場が見つからない。見つかっても空いていない。目的地の近くに駐輪場がなく、結局歩いている。

キントーン
新宿マルイ メンで行われたKintoneシリーズの試乗販売会(11月30日まで、現在は終了)
 行きは晴れていたのに、帰るときには雨が降っている…。しかし、自転車よりも便利で気軽に使える乗り物を見つけてしまったのだ。

 株式会社KINTONE(キントーン)電動モビリティKintoneシリーズの試乗販売会が「新宿マルイ メン」で開催された(※現在は終了)。公道走行可能なキックボードを始め、ほかにも複数の電動モビリティに乗ることができる。実際に試してみると、これが予想以上に便利すぎた。

電動キックボードが便利すぎる

キントーン
Kintone α GO(キントーン アルファ ゴー)
 まずはキックボード型の電動モビリティ「Kintone α Go」(以下、電動キックボード)だ。1回4時間の充電で5~10km走ることができる。ブレーキランプナンバープレートウィンカー、ミラーホーンが搭載された公道仕様もあり、安全に運転することが可能だ。

キントーン
ウィンカーの付いた公道仕様の電動キックボード
 電動キックボードの利点について、販売担当の男性はこう話す。

「生活圏の狭い、都心で暮らしている方であれば、この1台ですべて行動エリアカバーすることができます。逆に、田舎で暮らしている方はコンビニに行くだけで徒歩20分かかることもある。歩くには遠いけど、車を使うまでではないという場面でも便利です」

ワンタッチで折りたたんで収納できる

 上記の場合、自転車を使うことが一般的であるが、その差別化はどういった点なのだろうか。

自転車の場合、気軽に電車に積むことができません。この電動キックボードはワンタッチで折りたたむことができ、片手でも軽々持てる重さです(10kg、公道使用でないものは9kg)。サイズも持ち歩くことを前提にしてあるので、電車に持ち込んでも手荷物感覚で運ぶことができます。また、雨が降った場合、自転車は家に入れておくことはなかなか難しい。電動キックボードは折りたたんで部屋に入れておけばいいのです」

キントーン
折りたたみはワンタッチ
 ここで思い付くのが通勤での利用だ。たとえば、自宅から駅までバスまたは自転車で向かい、そこから電車に乗って通勤するというパターン自転車を使うには、駐輪場を契約しておく必要がある。それこそ、帰宅時に雨が降っていたら濡れて帰るか、駐輪場に置いておくというかたちになり不便だ。しかし、電動キックボードがあればその悩みは解決する。会社に持って行ってしまえばいいのだ。充電はコンセントに差し込むだけなので、スマホを充電する感覚となんら変わりはない。

実際に使ってみた乗り心地はいかに

キントーン
公道使用用のライトもばっちりつく
 家の周りの生活圏での利用だけでなく、通勤での利用も見えてきた。ではその乗り心地はいかなるものか。電動キックボードとミニセグウェイに実際に乗ってみた。

キントーン
体験する編集N。アクセルを入れるとグーッと加速する
 電動キックボードの乗り方は、基本的にキックボードと同じ。自分の足で蹴って走り始めたところで、手元にあるレバーでアクセルを入れるとグーッと加速。最高時速は25kmまで達し、減速・停止用のブレーキもある。

 さらに、ハンドルに付いたディスプレイには速度・走行距離、バッテリー残量が表示されているので、常に車体の状態を確認しながら走行ができる。カーブも身体を傾ける感覚のみで行われ、とくに走行に技術が求められることもない。これなら、おおいに通勤手段のひとつとして活用できると実感した。

 ミニセグウェイは、多少の慣れは必要であるものの、バランス感覚に不安を覚えている筆者でも5分もあれば乗りこなせるようになった。こちらの運転方法はさらに感覚に根ざしたものになっている。

 前に進みたいときは前に体重を、止まりたいときは後ろに体重をかける。カーブも身体を左右に傾けるだけ。加減や角度はかけた体重によって変わる。自分の足で歩いているかのように自由自在で、乗っているだけで非常に楽しい。こちらは移動手段というよりも、遊び道具としての需要が高そうである。

電動キックボードの値段は5万4780円

キントーン
会場にはミニセグウェイ
 試乗会は惜しまれつつ11月30日に終了。しかし、訪れたお客さんの反応はかなりいいようだ。

「興味津々で来場する人もいれば、半信半疑の人もいます。しかし、両者に共通して言えるのは、いちど乗ってしまえば欲しくなるということです。新宿という土地柄、歌舞伎町のホストの方々が購入していく機会が多かった。彼らの生活圏は歌舞伎町という狭い範囲です。やはり、自分の生活圏内の移動手段としては抜群に便利です。しかし、電動モビリティは娯楽としての意味合いも強いため、欲しくても手が伸びないパターンも多いですね。みなさん、欲しいは欲しいのですが」

 かくいう筆者も、欲しいは欲しいのだけれど即買いはできなかった。電動キックボードの値段は5万4780円と、決して高いものではない。むしろ、性能と利便性から見ると、かなりコスパの良い買い物な気がする。この良さに気が付き、購入する人が増えていけば、「みんなが乗っているなら私も買ってみよう」という日本人的な考えで、利用者は一気に倍増するのではないだろうか。

 電動モビリティに対して、近未来の乗り物という印象をお持ちの方も多いだろう。しかし、実際に乗ってみると、日常生活に密接に関わる身近なもの、という印象に変わった。電動モビリティは近未来の乗り物ではなく、すでに現代の乗り物といってもいいだろう。

<取材・文/國友公司>

【國友公司】

週刊誌記者・裏モノ系のフリーライターです。男の娘ニューハーフが好きです。『ルポ西成 七十八日間ドヤ街生活』発売中。ツイッターは@onkunion

公道使用用のライトもばっちりつく