2019年12月13日(金)から全国ロードショーとなる映画「ぼくらの7日間戦争」より、1988年公開の実写映画「ぼくらの七日間戦争」の主題歌SEVEN DAYS WAR」を担当したTM NETWORK宇都宮隆さんと木根尚登さんのコメントが公開されました。

映画「ぼくらの7日間戦争」メインビジュアル

今も色褪せることのない名曲として語られている「SEVEN DAYS WAR」は、アニメ映画にもアレンジ版が採用されており、物語の重要なシーンで使用されているとのことです。

TM NETWORK 宇都宮隆さんのコメント

30年前の原作を踏襲しつつも、現代の子供たちに合わせた描写や、新しいエッセンスも加わっており最後まで気持ち良く観させていただきました。玉すだれさんの「青春時代は、人生の解放区」は、原作映画の布石を感じるセリフでグッときました。また、僕たちの「SEVEN DAYS WAR」も素敵なシーンで使っていただき大変光栄です。あれから30年と考えると、とても長い月日が経ち、僕たちを取り巻く環境も大きく変わりましたが、青春を生きる子どもたちのエネルギーは今も昔も変わらないのかなと、この映画を見て感じました。青春時代を思い出させてくれる、とても素敵な映画でした。

TM NETWORK 木根尚登さんのコメント

昭和から平成を飛び越え令和に蘇った『ぼくらの"7"日間戦争』素敵でした。感動しました。泣きました。今の半分くらいの年齢だったあの頃、ぼくらTM NETWORKは日本とロンドンを行ったり来たりの忙しい毎日を送っていました。テレビ番組で「SEVEN DAYS WAR」をロンドンから中継したり、ぼくのラジオ番組に宮沢りえさんが来てくれて、映画の挿入歌「GIRLFRIEND」が好きだと言ってくれたり――あれから30年、この多様性の時代に、自分の生きる場所を探している子どもたちに、ぜひこの映画を観てもらいたいです。そして、その子どもたちに未来を託そうとしている大人たちにも。この作品には令和の時代をつくるヒントがあるから。(WebNewtype

映画「ぼくらの7日間戦争」に「SEVEN DAYS WAR」のアレンジ版を提供したTM NETWORK