no title

 世界最古の電子楽器と言われるテルミンは、1920年頃、ロシア物理学者、レフ・セルゲーエヴィチ・テルミン博士によって発明されたものだ。

 テルミン本体に手を接触させず、空間中の手の位置によって音高と音量を調節することが最大の特徴となるこの楽器、音を安定させるのが大変難しいのだが、そんなことはもうどうでもよくなってしまうくらいに魔改造されたテルミンが生み出されてしまったようだ。

 なんとこのテルミン、赤子の頭で作られたのである。ベビードールヘッドテルミンなら、音が安定しない方がかえってホラーな臨場感がわいてくる。ということで演奏している映像が公開されていたので、音声注意で見てみよう。

―あわせて読みたい―

人間の頭蓋骨で作られた楽器、リラ。(メトロポリタンコレクション)
断末魔の叫び声が聞こえる。アステカ族の死のホイッスル
ホラー映画の恐怖に満ち溢れていた効果音はウォーターフォンという楽器で作られていた。
アポロの宇宙飛行士が月の裏側で聞いた謎の音。その音声テープが公開される。
電子楽器好きなら一度は行きたい!世界最大数のシンセサイザーを集めた「スイス電子音楽博物館」


Playing the Baby Head THEREMIN

 完全にホラー化してるじゃないか!

 人形の赤子の頭の上に手をかかげている感じも恐怖をそそるし、目が赤く光っているあたり、次の恐怖映画の出演を狙っているようにも見える。

1

 人形の頭の後ろにあるフォトセルは、光の入力と周波数を制御しており、低光は低音、 ハイライトはハイトーンとなる。別のトーンコントロールノブも使用できるそうだ(ビデオの後半を参照)。

 とても奇妙なバイブスが伝わってきたところで、本家本元であるテルミンの開発者、テルミン博士による演奏を聞いてみよう。


Лев Сергеевич Термен - Lev Sergeevič Termen - Leon Theremin

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52285374.html
 

こちらもオススメ!

サブカル・アートについての記事―

海のミルクを抱きしめたい?プクプクの牡蠣型クッションや牡蠣グッズいろいろ
4方向でまったく違う!人間の頭部を回転させたすごい立体錯視
またインスタで変なものが流行ってる。唇の形を波打たせる「オクトパスリップ」が美容トレンドに
バナナが壁にダクトテープで張り付けられた高額アート、来場者に食べられてしまうというアクシデント勃発(アメリカ)
どうみてもバスにしか見えない?でもこれコンクリートの塊なんだぜ。錯視的3Dグラフィティアート

―動画の紹介記事―

約束を破った罰で父親にSNSアカウントを完全コントロールされた娘。しかし意外な顛末に!?(アメリカ)
かわいいが大渋滞。犬と猫の日常がたっぷり楽しめる、YOUTUBEの犬猫動画総集編
「もっとかまってもっと遊んで!」インコと猫の間に流れるキャッキャウフフな幸せ時間
猫ロジック。マウスを握るとウエイトリストバンドと化す2匹の猫
また会えてうれしいよう!ハスキーと羊のきゃっきゃうふふタイム
テルミンを人形の頭で作ってみた。実にホラーなバイブスが伝わってきた...(音声注意)