今年10月Instagramのフォロワー数が70万人を超え、“インスタ女王”とも言われている福岡出身のGカップ美女、似鳥沙也加。「#インスタグラビア」というハッシュタグを発案し、主に自撮り画像を多数アップし、そのかわいさがSNSで注目を集めた。最近ではさまざまな雑誌のグラビアに登場、表紙も飾る機会が増えてきた。

【写真を見る】Gカップ美女、似鳥沙也加の美脚がチラリ…(撮り下ろしグラビア写真40枚超)

高校を中退して以来、アルバイト生活を送り、仕事以外は引きこもっていたという現在26歳の似鳥。これからいろいろ挑戦していきたいという彼女にインタビューを実施し、その人柄や今後の目標に迫る。

また、自身もアイドルコスプレイヤー腐男塾メンバー・紫集院曜介など活躍の実績を持ち、似鳥の他にも“えなこ”らが所属する事務所の社長でもある、愛称“よきゅーん”こと、乾曜子にも話を聞いた。

■ 「あの写真見られるの、恥ずかしいんです」

――グラビアのお仕事もかなり増えてきていますが、いかがですか?

そうですね、ありがたいことに…まだ2~3カ月に一度くらいですが、もっと頑張っていきたいです!

――2016年12月からInstagramを始めて、10月にフォロワー数70万人を突破…すごい勢いですね。

始めた当初はそんなに増えると思っていませんでしたし、まだ実感はないんです。今少し停滞していますけど、ちょっと増え始めた時に100万フォロワー目指そうって決めたので、もっと頑張ります!

でも私、本当はあの写真見られるの、恥ずかしいんですよね…。

――え!あんなに写真をアップしているのに!?

実は…ムラムラした時に写真を撮って、投稿しているんですけど(笑)。その時間が終わってスッて冷めた瞬間、恥ずかしくなっちゃうんです。だからアップタイミングも決まってなくて。そんな私の自由な写真にみんながついてきてくれてありがたいです(笑)

Instagramを始めた当初、アップしていたサロンモデルの写真の時も、「普通のかわいい感じの写真じゃ楽しくない」「グラビア写真の方が楽しいなあ」というのはあったんです。

私はすごく露出の多い写真を載せたくなっちゃうんですけど(笑)、でも出し過ぎるのもなって自制して。服を着ていてもエッチに見える写真を撮ろうって思いながらやっています。

■ 「もっと“生っぽさ”を追求したい」

――写真や撮影の、コツとかルールとかありますか?

今「#インスタグラビア」というタグを見ると、おっぱいを強調した写真がたくさん出てくるんです。でも私はそれだけだと楽しくなくて続かないんですよね。

たとえば、彼氏がいる想像をして「こういうシーンを撮りたいな」って考えたり、ラブホテルに行ったりとかして、楽しく「#インスタグラビア」写真を作っています。

写真は本当に撮ってもらう人がいなくて(笑)スマホでタイマーを使って自分で撮っているんです。アプリは「B612」(ビーロクイチニ)を使っています。「Ulike」(ユーライク)とか新しいアプリも出てきていますが、ずっと同じですね。それで、“生っぽく”したいので、フィルター加工して…という感じです。

本当は今のインスタ写真も、もっと“生っぽさ”を追求したいんですけどね。

――メイクへのこだわりもあったりしますか?

結構研究しています。雑誌とかモデルさんはあまり見ないんですが、参考にしているのはセクシー女優さん…今は引退されましたが鳳かなめさんのメイク。あとは、とりあえずやってみて合うか合わないか、でどんどん試していきます。

■ 「グラビアはかなわない夢だと思って…」

――なるほど。そもそもグラビアへの興味はいつ頃からあったんでしょうか。

グラビア小学生の時から好きで、おっぱいの大きい人が好きだったんですよね(笑)。特に吉木りささんのグラビアが好きでしたが、私自身Instagramを始める時に改めて自分なりにいろいろ考えました。

――グラビアを仕事にすることは小さい頃からの夢でした?

好きではありましたけど、自分に自信がないので、グラビアはかなわない夢だと思っていました。

実際になりたいと思っていたのは、臨床心理士です。小学生の時に病んでいたというか…心が苦しい時期があって。そういう仕事があるって知っただけで、「この苦しさも救われることがあるんだ」って助けられたんです。だから臨床心理士になろうって思っていましたね。

――実際にグラビアの夢をかなえ始めて、自信はつきました?

いつもすっごく不安になるんですけど、ファンの皆さんが今の私を応援してくれるから、「今の私でいいんだ」って少しずつ思えるようになってきました!

――グラビアを本格的に始めてから大変だったことは?

これ言っていいのかな? ストーカーをされていて家に帰れなくなった時期がありました。その当時は、コンテナに荷物を運んでそこで寝ていた、ということがありましたね…。

■ 「『一緒に頑張ろう』って気軽に話せる存在に」

――それだけ魅力があったとも言えますが、大変でしたね…。自身で思う、「似鳥沙也加」としての魅力は?

私は芸能人というよりは一般の人寄りだから、SNSでのコメントも悩み相談が多いんです、「今日こんなことがあってね…」って。身近に感じてもらえていると思うので、「応援しています」って遠い距離感じゃなく、「一緒に頑張ろう」って気軽に話せる存在になれるところかな。

――Instagramだけじゃなく、Twitterもフォロワー15万人突破されていますね。

Instagramでは若い人たちがたくさん見てくれているんですけど、違う世代の方とも交流するにはTwitterも大事だなって。よく分からなくてずっとやってなかったんですけど(笑)

――SNSチェックしている方やハッシュタグってありますか?

うーん、好きなバンドさんのアカウントくらいかなあ。

あとは海外の方とかの“生っぽい”グラビアが好きで見ますね。そういう写真を撮られるカメラマンさんをフォローしています。

――Weiboも始められましたがいかがですか?

中国語、勉強し始めてます。勉強は苦手ですけど…。

――好きな勉強や科目って学生時代にありました?

体育です! 運動がすごく好き。特にハードルが好きで、難しいけどピュッて飛べます(笑)。球技も得意ですよ。水泳だけが苦手でしたね…3mくらいしか泳げなかった。

――スポーツといえば、ご家族の影響もあってサッカー浦和レッズが好きなんですよね。サッカーの面白さは?

あ…実は私、W杯きっかけで最近ラグビーを見始めて、サッカーの面白さってなんだろうって思い始めちゃったんです…。

――(笑)。ではラグビーの魅力は?

選手がみんな体当たりで頑張ってて面白いです。

あとはやっぱり、ムラムラ目線で見るんですけどね。お尻を追ってました。プリってしてるお尻がいいんですよ。

■ 「ほとんど遊びに行くことがなくて…」

――それでは、基本的な質問をさせてください。福岡出身で、東京でのお仕事の機会も増えたと思いますが、東京で好きな街はありますか?

仕事場に行くだけで、ほとんど遊びに行くことがなくて…。

――ベタにスカイツリー六本木ヒルズとかも?

まだ行ったことないです…。

――好きな食べ物は?

きゅうりです。今ぬか漬けにハマっていて。ニオイが大変なんですけど、毎日かき混ぜて自分で作ってるんですよ~。

あとは昔からずっと好きな、酢昆布とか、梅干しとか持ち歩くくらい好きです。マカロンとか似合わないんですよね、なんか私が食べると…えへへ(笑)

――巨乳を維持するための生クリームは好きじゃないんですね?

そうなんです(笑)、食べてはいましたけど…。

――お酒は飲みます?

今年の夏前くらいから飲めるようになってきました。でもビールは飲めなくて、焼酎を飲んだりします。レモンサワーとか。

――基本引きこもり生活ということですが、お家で何をすることが多いですか?

次はどんな写真にしようかな~って、割といつも考え事してますね。

■ 「『相席食堂』って番組が好きです!」

――一応この媒体が「ザテレビジョン」なので、好きなテレビ番組を聞いてもいいですか?

テレビは持ってるんですけど全然見なくて、タンスに入っています…。あ、でも「相席食堂」って番組が好きです!

――千鳥の大悟さんがお好きなんですよね、どの辺が…?

雰囲気に色気があるというか、あの渋さが好きです。

――好きなタイプは「坊主」?

坊主が好きなのは大悟さんだけで、普段はあまり意識してないですね。好きなタイプでいうと「口だけじゃない人」「行動に移せる人」かな。

――好きなタレントさんとして、グラビアもやっていた吉木りささんのお名前を伺いましたが、他に好きな方っていますか?

うーん、キダタローさん! つらい時に「キダタロー 笑顔」って検索して。画像を見るだけで、森林浴みたいに癒やされるんですよ~。笑顔だけじゃなく厳しい表情もいいですね、優しさの中の厳しさ…みたいな。

――これは営業トークじゃなくて本音ですよね…。

そうです! もちろん本気です!

■ 「刺激がほしいのかな?」

――カラオケに行ったことがないって本当ですか?

はい…。家では歌うんですけど、我ながら上手だなーって思いながら歌っています(笑)

――「アカギ」「はじめの一歩」といった漫画・アニメがお好きと伺いましたがどの辺が好きなんでしょう。

なんかしびれるんです(笑)。刺激がほしいのかな? 漫画は「ホーリーランド」も好きです。

――映画は見ますか?

最近見たのは「プライベート・ライアン」です。初めに「めっちゃ人死ぬやん」と思って衝撃でしたが面白かったです。あとはホラー系もたまに…「エスター」とか。

――あとは何より音楽がお好きなんですよね。

UVERworldさんは10年以上ファンクラブに入っています。ほかにも、King Gnuさん、サカナクションさんが好きですね。あとは、人が聞いてていいなって思って玉置浩二さんも好きなんです。

――思ったより幅広い…! あとハロー!プロジェクトもお好きと聞きました。

最近はJuice=Juiceさんにハマってるんですけど、松浦亜弥さんの曲も好きです。「つんくさん最強!」って思っています。もちろん曲もいいし、みんなピュアかわいいから応援したくなるんです。

――音楽環境にこだわったりしますか?

音楽を集中して聞ける部屋にしたくて、スピーカーヘッドホンとか機材をそろえたんです。ただあまり知識はなくて、家電量販店に行って「いいのがほしいです」って。低音重視のヘッドホンはいつも持ち歩いています。

――イラストは独学ですか?Twitterに投稿されていましたが…。

はい。実際にあるもの、たとえば「りんご書いてください」って言われたらヘタなんですけど…病んだ時に書くとあんな感じで書けるんです。

――試しにドラえもんを書いてみてくれませんか?

え、全然覚えてないな…。丸書いて、こういう感じかな。あ、これだとアンパンマンになってしまうので…。うーん、どんなのでしたっけ? ネコだからヒゲ…。あ、それでここが水色の部分です。(正解を見せる) あ、似てますよね。ちょっと違うか~。

■ 「一個一個、全部チャレンジしたい」

――画力が伝わりました(笑)。最後に、今後の目標は?

今はグラビア活動が中心ですが、これからいろいろ挑戦していきたいです。最近までグラビア以外は出来るはずないって思っていたこともあって、具体的にどんなジャンルのことをやっていきたいか…はこれからなんですけど。一個一個、全部チャレンジしたいです。オファーがあれば、バラエティーも演技も。

本当は「グラビアをやりたい」、でもそれだけじゃ続けていけないっていうのが最近分かったんです。今はファンの方と交流できるイベントが楽しくて、それを続けるためにはいろんな活動をつなげていかなきゃいけないんだなって。

「似鳥沙也加」という名前をもっといろんな人に知ってもらえたらうれしいな。

インタビューに際して、業界の先輩でもある乾に、似鳥のキャラクター性や魅力を聞いた。

■ 「キャラクターの再現度の高さは、グラビア以外での武器にできる部分」

――似鳥さんはどんなキャラクターなんでしょう。

乾: 人と関わってこなかった期間が長い子で、純真無垢というか。26歳ですけど、ある意味まっさらなんです。業界のことを知らないですし、これが普通って言われたら受け入れそうで…危ない目に遭わないか心配してます。

実際にDMでお誘いが来たりするので、「気を付けなさい」っていつも言っています(笑)

――彼女の武器となる魅力は?

乾:今、グラビアアイドルコスプレイヤーとか肩書きによる垣根はないと思っているんです。アイドルや声優もグラビアをやる時代なので、「グラビアアイドル」だけではダメで、出来ることを別の武器として持たないとやっていけません…。

彼女は家に腹筋の台を持っていたり、体型維持にすごく気を使っていて、背も高くて胸も大きくて腰も細くて…“2次元の体形に近い”プロポーションが生かせると思います。

キャラクターの再現度の高さは、グラビア以外での武器にできる部分だと思っています。(ザテレビジョン

福岡出身の“インスタ女王”似鳥沙也加