英国の上質な演劇を、日本の映画館で楽しめる上映企画ナショナル・シアター・ライブ2020年の開催が決定し、前半5作品のタイトルと公開日が発表された。

日本では2014年に始まり、5年間で39作品を上映してきた本企画。世界で活躍する英国俳優の名演技や、演劇界トップクラスクリエーターたちが創り上げる舞台は一度観るとその面白さにハマること必至。今回発表された5作品のタイトル、公開日は以下のとおり。

『リーマン・トリロジー』2020年2月14日(金)

THE LEHMAN TRILOGY

THE LEHMAN TRILOGY

原題:THE LEHMAN TRILOGY/作:ステファノ・マッシーニ/翻案:ベン・パワー/演出:サム・メンデス/主演:アダム・ゴドリー、サイモンラッセルビール、ベン・マイルズ/上演劇場:ピカデリー劇場(ロンドン)/上映時間:210分(休憩含む)

ポイント】世界的な投資家リーマン一家が米国に移住した1844年から2008年リーマン・ショックが起こるまでの3世代にわたる栄光と衰退を描く舞台で、ナショナル・シアター上演時にはチケット完売を記録した注目作。主演の3人が約3時間にわたり、150年以上にわたるリーマン家の歴史を演じ切る。2020年3月7日からはブロードウェイ公演も予定されている。

『フリーバッグ』2020年3月13日(金)

原題:FLEABAG/作:フィービー・ウォーラー=ブリッジ/演出:ヴィッキージョーンズ/主演:フィービー・ウォーラー=ブリッジ/上演劇場:ウィンダムズ劇場(ロンドン)/上映時間:80分(休憩なし)

ポイントアマゾンで配信中のドラマフリーバッグ』の元になった舞台。ドラマ2019年テレビ批評家協会賞でプログラム・オブ・ザ・イヤーを含む3部門を受賞し、同年エミー賞では11部門にノミネートされた。イギリスでは主演の衣裳や小物の検索率が34~38%増加し、その人気は“フリーバッグ・エフェクト”とも呼ばれた。ドラマで知名度が上がった舞台版の映像上映は、日本のNTLiveファンからも期待の声がとても多かった。皮肉屋で常識外れのシングル女性を主人公にした、心に深く刺さるドラマ

『スモール・アイランド』2020年4月17日(金)

原題:SMALL ISLAND/作:アンドレア・レヴィオレンジ賞受賞作)/翻案:ヘレン・エドムンドソン/演出:ルーファス・ノリス/主演:リア・ハーヴェイエイズリング・ロフタス、ガーシュウィン・ユースタシュ・ジュニア/上演劇場:ナショナル・シアター オリヴィエ劇場(ロンドン)/上映時間:190分(休憩含む)

ポイント】時は第二次世界大戦から1948年。夢を抱いてジャマイカから英国へと旅立つホーテンス、弁護士を夢見るギルバートリンカンシャーのしがらみから逃れたい英国人クイニーの3人の物語が交差するドラマ

『夏の夜の夢』2020年6月12日(金)

A MIDSUMMER NIGHT’S DREAM

A MIDSUMMER NIGHT’S DREAM

原題:A MIDSUMMER NIGHT’S DREAM/作:ウィリアム・シェイクスピア/演出:ニコラス・ハイトナー/主演:オリヴァークリス、グェンドリン・クリスティーデヴィッドムースト/上演劇場:ブリッジ・シアター(ロンドン)/上映時間:190分(休憩含む)

ポイント】幻想的な月夜の晩、妖精の森で繰り広げられる真夏の一夜の恋騒動を描いた、シェイクスピアの傑作喜劇。大ヒットドラマゲーム・オブ・スローンズ』で人気を博した女優グェンドリン・クリスティーがヒポリタ/ティターニア役を好演! 2018シーズンの『ジュリアスシーザー』に続き、ニコラス・ハイトナーによる観客参加型の演出でも話題に。演劇批評家からも高評価が続出した。

『プレゼント・ラフター』2020年7月10日(金)

PRESENT LAUGHTER

PRESENT LAUGHTER

原題:PRESENT LAUGHTER/作:ノエル・カワード/演出:マシュー・ウォーチャス/主演:アンドリュースコット/上演劇場:オールド・ヴィック劇場(ロンドン)/上映時間:180分(休憩含む)

ポイントスター俳優ギャリーエッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに?? 現代の名声・欲望・孤独を見事に投影した作品に仕上がっている。主演は、ドラマSHERLOCK』のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュースコット