猫と暮らしていると「どうやって、そこ行ったの!?」と、意外な場所でくつろいでいる時があります。京都の築百年の町家で暮らすフィオちゃん(5歳/ラグドール/メス)も、飼い主さんを「なにしてんの……」と驚かせちゃいました。

【さらに詳しい元記事はこちら】

 フィオちゃんの飼い主さんは12月13日、自身のTwitterで「みつからないと思ったらこんなところに挟まってたよ……なにしてんの……」というコメントと共に、1枚の写真を投稿。そこには、わずかな隙間に身体をビローンと伸ばして挟まっているフィオちゃんの姿が……。

 「いったい、どうしてそんなところに……?」と思わず言ってしまいそうな、この写真。何かを上から監視しているのでしょうか?コメント欄には「ニャルソック稼働中」という言葉も見られますが、謎は深まるばかりです。

 飼い主さんに詳しくお話を伺ったところ、フィオちゃんが挟まっているところはゲージの上で、「ケージがぐらつかないように、ケージと天井の間にマットを挟んでいる」そうなのですが、そのわずかな隙間に見事に挟まっているとのことです。

 フィオちゃんは、「裏から回り込んで入った」ようなのですが、「ケージの上には、よくよじ登りますが、挟まっていたのは、初めてみました」と驚いている様子。飼い主さん曰く、フィオちゃんは「大人しそうに見えてヤンチャな子です。高いところにすぐよじ登るおてんばな子」とのことですが、まさかこんな隙間に入り込むとは、予想していなかったでしょうね……。

 この投稿には、約2000件のリツイートと、約9000件のいいねが付き、「収納されてる」「なにかの忍法ですか?」「すっぽり姫」など、多くのコメントが寄せられています。

<記事化協力>
キャットアパートメントコーヒー猫カフェ休業中さん(@CatApartment

(佐藤圭亮)

「どうして、そうなった……?」隙間にすっぽりハマってしまったニャンコ