声優アーティスト内田真礼さんの全国Zeppツアー「UCHIDA MAAYA Zepp Tour 2019 『we are here』」の12月8日(日)開催 東京公演のライブレポートとオフィシャルスチールが到着しました。

オフィシャルスチール

内田真礼さんのライブとしては初となるライブハウスでのツアーは、10月リリースされたミニアルバムyou are here」を引っさげて、11月名古屋からスタートしました。その後、大阪、福岡と回り、今回の東京公演へと繋がりました。今週末14日に札幌、そしてファイナル公演として16日(月)にZepp Tokyoにて締めくくられます。

ワンマンライブでの演出やパフォーマンスの評判が毎回高い内田真礼さんですが、今回はとにかく本人から発せられる熱量が物凄く、ライブの冒頭から今までのステージを軽々と超えてきます。ミニアルバムから1曲目を披露すると、その勢いが加速するようにライブ定番曲へとつながります。そして内田真礼さんらしさを可愛くギュッと詰め込んだ楽曲も立て続けに披露。また、今回のミニアルバムには、内田真礼さんのライブバンドメンバーギターを担当している山本陽介さんからの提供楽曲「キミ行きEXPRESS」も収録されており、どのような形で今後の2公演で披露されるのかも気になるポイントです。

ライブの中盤では、ミドルバラードなどしっとりした雰囲気に一変。サニーデイ・サービス曽我部恵一さんからの提供楽曲「あの人に会いたい」をはじめ、感情たっぷりに歌い上げる内田さんとその演出に、観客は一層引き込まれます。そのまま突入したラストパートは、ライブハウスツアーならではといったセットリストで、会場のボルテージは最後まで上がり続けていきました。

アンコールでは、グッズTシャツを身に着けて登場。Zepp Tokyoに集まった満員のお客さんに向けて、熱いメッセージを述べた内田さんは、その勢いのままアンコールを終え、ステージを後にしました。

現在開催中の全国Zeppツアー「UCHIDA MAAYA Zepp Tour 2019 『we are here』」は、今週末の14日(土)に札幌、そしてファイナル公演として16日(月)にZepp Tokyoにて締めくくられます。現在チケット発売中とのことで、内田真礼史上1番熱いワンマンライブ、今からでも気になった方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか。(WebNewtype

オフィシャルスチール