お酒を飲み過ぎた翌日や寝不足のときに、朝起きたら顔がパンパンにむくんでいた。このような経験は誰でも一度や二度はあるでしょう。そんな顔ではとても外出する気になれないもの。

そこで今回は、むくんだ顔を素早くスッキリ整える方法をご紹介します。

顔のむくみはなぜ起こるのか


 そもそもむくみはなぜ起こるのでしょうか。むくみとは、何らかの原因で身体の中で水分調整がうまくいかなくなり、皮膚の下に余分な水分や老廃物がたまった状態です。

全身の部位のうち、特にむくみが生じやすいのは顔と足だといわれています。日中、立ったり座ったりしているときは、重力の関係で水分が下にたまりやすく、足がむくみがちになります。

反対に、横になって寝ているときには、足にたまった水分が全身に均等に流れるので、朝起きたときに顔がむくみやすくなるのです。

顔がむくむ原因として、次のようなものが挙げられます。

アルコールの飲み過ぎ
ビール日本酒ワインなどを飲み過ぎると、血中のアルコール濃度が高くなります。すると、血中のアルコール濃度を下げようとして水分を溜め込むため、むくみが生じやすくなります。

●塩分のとりすぎ
塩分のとりすぎもむくみの原因になります。塩分には水分を溜め込む性質があるからです。塩分の多い、外食やインスタント食品を控えることが大切です。

睡眠不足
睡眠不足によって身体が疲れている状態では、交感神経が優位になるため、血管が収縮して血流が悪くなります。その結果、老廃物が排出されなくなり、顔のむくみが生じます。

・今すぐ読みたい→
顔がパンパン!飲み会翌日のむくみを撃退する方法4つ(https://cocokara-next.com/lifestyle/edema-of-drinking-the-next-day/)

顔のむくみをスッキリさせる方法

 朝起きて顔がむくんでいたら、次の方法を試してみましょう。

●冷水と温水で交互に顔を洗う
冷たい水と温かい水で交互に洗顔します。これを繰り返すことによって、温度差で血管が刺激されて血行が良くなり、むくみの解消につながります。

●蒸しタオルをする
水で濡らしたタオルを絞り、電子レンジで1分ほど温めて、蒸しタオルを作ります。そのあと、顔全体をタオルで覆って温めてください。血行が促され、顔のむくみがスッキリします。

●顔のマッサージをする
手のひらをこすって温めたら、顔の中心から外側に向かってさするようにマッサージをします。力を入れず、やさしく行うのがポイントです。クリームを塗っておくと、指の滑りが良くなります。そのあと、耳の下から鎖骨まで指を滑らせて老廃物を流します。5回ほど繰り返しましょう。最後に、鎖骨のくぼみを5秒ほど押してください。

顔のむくみは病気を知らせるサインであることも

顔のむくみは、心不全や腎不全、甲状腺の病気などのサインとなるケースもあります。自分でできる対処法を試してみても顔のむくみが続いたり、ほかに気になる症状があったりする場合は、一度病院で相談してみましょう。

【参考】
メディルノート「顔のむくみ 医師が考える原因と対処法 症状辞典」
https://medicalnote.jp/symptoms/%E9%A1%94%E3%81%AE%E3%82%80%E3%81%8F%E3%81%BF
(参照 2019-11-03)

「けんこうフィットNEWS – 健康にまつわる情報がぎゅっとつまった楽しく読める無料のアプリです。(https://www.nas-club.co.jp/kenkofitnews/」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
顔がパンパン!飲み会翌日のむくみを撃退する方法4つ(https://cocokara-next.com/lifestyle/edema-of-drinking-the-next-day/)

朝、家を出る前にむくみを解消するには?