reunite cover_e


 大切に可愛がっているペットが、散歩中に突然いなくなってしまうことほど、飼い主を不安に陥れることはないだろう。そんな出来事が、イギリスロンドンで起こった。

 必死に愛犬の姿を探しても見つけることができなかった飼い主は、一睡もできないまま夜を過ごし、もはや最悪の事態まで想像し始めたが、3日後にようやく再会することができた。

 愛犬をギュッと抱きしめた飼い主が、安堵と喜びで感極まり涙する映像がFacebookシェアされたが、その様子からも犬が飼い主に相当大切にされてきたことがわかる。

―あわせて読みたい―

10年前に行方不明となった犬。あきらめかけていた家族の元に「保護してます」の連絡が!(アメリカ)
運命の再会としか...3年前に行方不明になった犬、何気なく見ていたテレビ画面の中で発見(アメリカ)
おじいさんはあきらめなかった。いなくなった愛犬を探し続けて3年後、ついに感動の再会を果たす(ジョージア)
混雑した通勤電車内に迷い込み行方不明となった犬、SNS大捜査網により無事飼い主と再会(アイルランド)
自宅から犬を盗まれて2年後、SNSにより奇跡の再会(ウクライナ)

ジャック・ラッセル、散歩中に走り去る

 ロンドンレッドブリッジ区ウッドフォードグリーンに住むアラン・ウィットンさん(49歳)は、2018年11月に飼っていたティンカーという犬を亡くし、ジャックラッセルテリアのミッツィーを飼い始めた。

 ミッツィーは、亡き愛犬を失ったアランさんの悲しみを癒す存在となり、アランさんはミッツィーをとても可愛がっていた。

 しかし11月20日アランさんがいつものように近くの森を散歩中、大きな犬がミッツィーを追いかけるという事態が起こり、ミッツィーは怖がってそのまま逃げ去ってしまったのだ。

 突然、姿を消したミッツィーをアランさんは必死で探し回った。ちょうどミッツィーを飼い始めて1年になるが、今までミッツィーがアランさんのもとから走り去ったことは一度もなく、アランさんは心配で胸が潰れそうになりながら、日がどっぷり暮れた午後6時半頃まで探し続けた。

 それでもミッツィーは見つからず、アランさんは一旦帰宅。再び1時間後に、今度は妻と2人の子供を伴ってミッツィーの捜索を開始した。

 一家は、ミッツィーのお気に入りのおもちゃや好きな餌を置いて、姿が現れるのを待ってみたがその気配は一向になく、その日は仕方なしに帰宅するしかなかった。

捜索を続けること2日間、最悪の事態も想定

 愛犬が見つからないまま帰宅したアランさんは、「こんな寒い夜に外にいたら死んでしまうのでは」と最悪の事態を想定し、一睡もできない夜を過ごした。

 そして翌朝、再びミッツィーがいなくなった森へ戻ったアランさん。数人の友人たちもミッツィーの捜索に協力するために森に出向いた。

woods_e


 しかし、10時間経ってもミッツィーを探し出すことはできなかった。

 アランさんは、行方不明犬としてミッツィーのチラシを妻に作成してもらい、森の近辺の民家に配り歩いた。

 結局、何の収穫もないまま帰宅したアランさんは、再び眠れぬ夜を過ごした。朝が来た時には、「もしかして、ミッツィーはもう見つからないのでは…」と絶望感に包まれ始めた。

 ところが、この日の朝11時頃、森の裏手に住むある犬の飼い主から連絡を受けた。その女性によると、飼い犬キツネの巣の穴の匂いをやたら嗅ぎまわっているという。

 アランさんはすぐにその場所へ友人らと一緒に向かった。

キツネの巣の穴に落ちていたミッツィーと3日ぶりに再会

 アランさんが、ミッツィーの好きな音の出るおもちゃを持ってキツネの巣穴へ近付くと、小さな穴からか細い犬の鳴き声がするのを聞いた。

 ミッツィーに間違いないと確信したアランさんは、連絡をくれた女性宅からシャベルを借りて早速穴を掘り始めた。

 そしてついに、ミッツィーが穴の中から姿を現した。

 アランさんは、3日ぶりに見た愛犬をしっかりと抱きしめ、安堵と喜びで感極まって号泣した。心配そうにかけよってきた黒い犬が急いで引き離されたのは、大きな犬に追われたことが原因で逃げ出してしまったミッツィーに配慮してのことだという。

もう、生きていないのかもと思い始めて絶望的になっていたので、ミッツィーの姿を見たたら信じられない気持ちと大きな喜びが溢れ出ました。まるでクリスマスの奇跡のように感じました。

 ミッツィーを獣医院へ連れて行くまで、たっぷり15分は再会の涙を流していたアランさんだが、獣医院ではミッツィーから数匹のダニを除去した以外は、怪我もなく問題ないことがわかり、再び安堵した。

 今後、このようなことが起こらないためにも、アランさんはGPS機能のついた首輪をミッツィーにつけることを考えているという。

 今回、捜索に協力してくれた全ての人に大きな感謝を示したアランさんは、「ミッツィーがいないクリスマスなんて考えられなかった」と口にし、改めて再会の喜びを噛みしめている。


追記(2019/12/14)本文を一部修正して再送します。
written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52285535.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

そこに水があるから入る。どんな水たまりでも見逃さず入り込む犬
猫のギズモさん、どうしてもお風呂に入りたくって巧みな肉球づかいでちゃっかり侵入
想像してごらん、海に浮かんでいるとその下には大量のサメが泳いでいる姿を!経験したいならモルディブにGO!
迷子の猫にロックオンされた女性、4日間見つめ続けられた後、ついに飼い主が見つかる(アメリカ)
現代版トムとジェリー、キャスティングは猫とカササギだった件

―知るの紹介記事―

ひと噛みで人間の肉を腐らせる恐怖の毒グモの新種が発見される(メキシコ)※蜘蛛出演中
メキシコの古代都市テオティワカンにあるピラミッドで発見された緑色の石仮面
12月は宿題廃止。アイルランドの小学校、宿題の代わりに「小さな親切」を生徒に奨励
迷子の猫にロックオンされた女性、4日間見つめ続けられた後、ついに飼い主が見つかる(アメリカ)
評価は一瞬で決まる。裕福そうに見える服はその人を有能に見せる効果(米研究)
散歩中、うっかりキツネの巣穴に落ちてしまった犬が3日ぶりに発見され涙の再会(イギリス)