MF橋岡の後頭部をキック、危険プレーに海外メディアも「恐ろしいファウル

 森保一監督率いる日本代表は10日、韓国・釜山で開幕したE-1選手権の初戦で中国と対戦し、2-1で白星スタートを切った。A代表デビューのMF橋岡大樹(浦和レッズ)が中国代表DFジャン・ジーポンから飛び蹴りのラフプレーに遭って波紋が広がっているなか、数日経っても反響は止まず、海外メディアは「『カンフーパンダ』を思わせた」と伝えている。

 今大会の日本は国内組で構成され、23人中14人が22歳以下の東京五輪世代というフレッシュな顔ぶれとなった。中国戦では3-4-2-1システムを採用し、序盤は苦戦。それでも前半29分、FW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)が先制ゴールを奪うと、後半25分にはDF三浦弦太(ガンバ大阪)が追加点を挙げた。終盤に1点を返されたものの、2-1で逃げ切って勝利を手にした。

 結果とともに注目を集めたのが、中国代表DFのファウルだ。前半31分、右サイドロングボールを受けようとした橋岡に対して、中国代表DFジャン・ジーポンが左足を上げて対応。しかし、その足が橋岡の頭部を直撃する危険なプレーにより主審が笛を吹き、イエローカードが提示された。

 このプレーは海外でも脚光を浴びたが、その反響は拡大し続けている。衛星放送「ユーロスポーツロシア版は「中国代表の選手が日本人選手の頭部に打ち込み、映画『カンフーパンダ』を思わせた」と指摘。主人公であるパンダの子がカンフーの達人となり、悪に立ち向かうという「カンフーパンダ」は世界中で大ヒットしたが、そんな主人公と中国選手とを重ね合わせている。

 記事では「恐ろしいファウル」と表現。あわや大怪我というシーンだったが、幸いにも大事には至らず、橋岡はプレーに戻った。それでも、その危険さを訴えるように「そのようなファウルでも――単にイエローカード?」と疑問を投げかけている。

 森保ジャパンは14日に香港、18日に最終戦で韓国と対戦するなか、3連勝で13年以来3大会ぶりに優勝を飾ることができるだろうか。(Football ZONE web編集部)

中国代表DFジャン・ジーポンが行ったラフプレーへの反響が止まらない【写真:Getty Images】