少年ジャンプに連載され、当時の子どもたちに多くの影響を与えた漫画「ろくでなしBLUES」ですが、ファミコンゲーム化されていたのはご存知でしょうか。漫画の評価は高いがゲームはどうだったのか調査していきます。

「ろくでなしBLUES」とは

「ろくでなしBLUES」は森田まさのり先生が書き下ろした渾身の作品で、週間少年ジャンプ1988年から1997年まで連載されました。
単行本は全42巻に及び、テレビアニメになったり、実写化され映画になるなど人気の高さがわかります

「ろくでなしBLUES」の物語と人気の理由

ろくでなしBLUESの物語は、帝拳高校に通う不良たちが、他校の不良たちと何かしらの理由で喧嘩となり、喧嘩を通じて友情を深めたり、人間性を考えさせられたりする物語です。
物語の中には、ただ喧嘩だけでなく、所々に個性的なポーズギャグがちりばめられ、また個性的なキャラクターや人物像、物語の奥深さが人気の高い理由ではないでしょうか。

ゲーム「ろくでなしBLUES」登場人物

ファミコンゲームの「ろくでなしBLUES」では、様々なキャラクタープレイすることができます。
プレイできるキャラクターを紹介します。

プレイキャラクター⑴前田太尊

ろくでなしBLUES主人公である前田太尊。
喧嘩が強く男気のあり、仲間を大切にする人柄なキャラクターで愛されています。
不良のキャラクターながら、学校での成績は良くはないが授業をサボるなどの行為はせず意外と真面目な性格でそのギャップも良いのかもしれません。
さらに、感動的な話に弱く涙もろく、下ネタも苦手で、負けず嫌いで、完全に切れると関西弁になる、一昔前の親父を地でいくキャラクター古き良き時代の人物像を映し出しています。
他にもボクシング打ち込みボクシングの為に禁煙を決意します(ストレスなど溜まれば吸っています)
意外にも女性に対しては奥手であったり、実家がお寺などという手の込んだキャラクター設定も良くできた漫画だったと思います。

プレイキャラクター⑵七瀬千秋

ろくでなしBLUESヒロイン役です。
優しく、真面目で、純情でとまさしくヒロインであるための性格で、気が強いところもあり喧嘩を止めるために歩道橋から飛び降りようとしたり自分の髪の毛を切ったりしたこともあります。
前田太尊とは両思いだが、恋人関係にはなかなか発展しないところも物語の見どころです。

プレイキャラクター⑶中田小平二

ろくでなしBLUESの名物キャラクターの一人である中田小平二は、前田太尊と同じ帝拳高校に通い、自身は「帝拳高校の番長」と思っていますが、だれもそのようなことは思っていません。
故に、前田太尊のことを「ライバル」と思っていますが、まったく相手にされていません。
さらに、七瀬千秋のことも好きなのですが、七瀬千秋からは全く相手にされていません。
ヘタれであり喧嘩も強い方ではないが、そのキャラクターはどこか憎めず、ろくでなしBLUESの中でも人気があるキャラクターです。

プレイキャラクター⑷中島淳一

典型的なオタクキャラクターで、写真部に入部しています。
アダルト雑誌に盗撮写真を投稿するなど、見た目通り気持ち悪いキャラクターですが、写真の腕前は良いらしいです。

他にも

その他にも、前田太尊の中学時代からの親友である「山下勝嗣」「沢村米示」や、七瀬千秋の親友で山下勝嗣の彼女の「今井和美」などのろくでなしBLUESに欠かすことのできないキャラクターや、冷酷非情な鬼塚も登場します。

ゲーム「ろくでなしBLUES」はどんなゲームか

それでは、ろくでなしBLUESゲーム内容などを紹介していきます。

ゲーム内容は「アドベンチャーRPG」

FC『ろくでなしBLUES』クリア-459本目【マルカツ!レトロゲーム】

ろくでなしBLUESの取扱説明書を見てみると「アドベンチャーRPG」と紹介がありました。
プレイキャラクターは前田太尊を含めて4人いますが、まず前田太尊のキャラクターから始まり、クリアしないと他のキャラクターを使いうことはできません。
RPGというだけに、ろくでなしBLUESの世界を歩きながらゲームを進めていきます。
ゲームオーバーという設定はなく、喧嘩に負けると体力の数値が1になるだけでゲームは続いていきます。
体力を回復するには「コンビニ喫茶店レストランで食事をとる」「マンションで休む」「ホテルで休む」などがあります。
マンションでは体力を回復するだけではなく、セーブをすることもできます。
他に、ボクシングジムは前田太尊のレベルを上げるためのサブゲームがあり、サブゲームで経験を積むことで前田太尊を強くすることができます。
ゲームセンターでは攻撃力を上げるためにパンチマシーンを操作することができます。

ゲーム「ろくでなしBLUES」の攻撃方法

下記にある攻撃コマンドを選択することで喧嘩が始まります。
画面は喧嘩の画面に変わり、喧嘩は自動で進み、お互いに攻撃は4回ずつ進みどちらかの体力が1になるまで続きます。
攻撃コマンドは非常に特殊で以下の通りとなっています。
・やるしかねぇ!
攻撃を仕掛けます。
・戦法を変える!
戦法の変更をします。
・こんかいワレ!
敵を挑発しながら、防御します。
敵のスタミナも奪うことができます。
・ひとまずにげる!
喧嘩から逃げます。
しかし、逃げられない場合もあるので注意が必要です。
攻撃の戦法は初期設定で決まっていますが、自分だけの攻撃戦法を決めることができます。

ラスボスは

【ろくでなしブルース】薬師寺まとめ【ファミコン】

東京四天王の鬼塚と薬師寺が登場しているのでどちらがラスボスかと期待を膨らませていました。
なんとラスボスは薬師寺でした。

まとめ

いかがでしたか?
ファミコン版ろくでなしBLUESを解説してきました。
今では伝説的な漫画となったろくでなしBLUESゲームになりましたが、評判は上々で、逆にゲームが短すぎるという意見も聞かれます。
今でも評価が高いろくでなしBLUES、懐かしさを振り返りながらプレイしてみませんか。

元のページを表示 ≫

関連する記事