整形にかけた総額が1,000万円以上であることを公言しているユーチューバー「整形アイドル轟ちゃん」が、自身のYouTubeチャンネルを更新。新たに投稿された動画で、過去について語り大きな反響を呼んでいる。

■「整形依存症で苦しかった」

話題となっている動画はこちら。「皆さんにずっと秘密にしていたことを話します」のタイトル通り、自身のことについて赤裸々に明かしていく内容となっている。

再生前のサムネイルには「整形依存症で苦しかった」の文字があり、そこに映る彼女は涙を浮かべていた。動画を再生すると、「皆様にずっと内緒にしてきましたが、私、書籍を出版することになりました」と明かし、冒頭から感極まってしまうのだった。

関連記事:「クラウドファンディングで整形費用を募る」 仮面女子の動画企画が物議

■「ブス」発言に苦しんでいた過去

その書籍は「外見主義の世の中に苦しんでいる人」に向けた内容であり、過去の自分に読ませたいと語る轟ちゃん。

中学2年生のときから周囲からブスと言われ傷つき、「生まれながらの顔がダメだからという理由で、できないこともあると知りました」とつらそうに語る彼女。

当時は、かわいい戦争から抜け出す術を知らず、コンプレックスを取り除くために整形をするようになったのだとか。

■「泣きました」と共感の声

自身の苦しい過去を涙ながらに語った轟ちゃん。視聴者からは「本当に刺さりすぎて泣きました」「気が付いたら涙がでていました」と共感の声が相次いだ。

実際コメント欄には「わたしかわいい戦争から離脱したい」「『かわいい』も『ブス』も呪いの言葉だと思う」と現在外見主義の世の中に苦しんでいる声もあった。

そんな人々にとって、彼女の勇気ある動画は心に響いたのではないだろうか。

・合わせて読みたい→『あいのり』じゅんき、彼女・でっぱりんの整形告白に驚愕「え?!」

(文/しらべぇ編集部・ステさん

整形アイドル轟ちゃんが涙の激白 「生まれながらの顔がダメだから…」