年末も近づき、温かいものがよりおいしく感じる季節になりましたね。

そんな冬に食べたい、超簡単に作れるホットスイーツレシピを、洋酒メーカーニッカウヰスキー」の公式ツイッターで発見しました。

バナナを皮ごと使う簡単かつ大胆なレシピは注目を集め、2019年11月26日の投稿でいいね数は3500近くです。(12月11日時点)。

思いついたきっかけは...

レシピの名前は「焼きチョコ バナナッツ」

必要な材料は、バナナ板チョコナッツだけです。作り方も非常にシンプルです。

まず、バナナに切り込みを入れ、板チョコナッツを挟みます。

トースターアルミ箔を敷いて、皮ごと焼きます。公式のツイートによると「チョコナッツが焦げないように注意し、トロッとしたら完成」とのこと。

編集部でも作ってみました。今回は900Wオーブントースターで、3分加熱しました。チョコが焦げやすいので、気になる人はアルミ箔でバナナを包むようにして焼くのがオススメです。

完成した「焼きチョコ バナナッツ」を食べてみると、「超贅沢なチョコバナナのような印象。とろっと溶けたチョコアーモンドの香ばしさの組み合わせが、バナナと完璧にマッチしています。濃厚な甘さで、ウイスキーだけでなくストレートティーにも合いました。

ニッカウヰスキーの広報にこのレシピを思いついたきっかけを聞いてみると、

「屋外バーベキューの楽しみ方として既にネット上で話題になっていたのを、スタッフの1人が実際にやってみたらおいしかったのがきっかけです。それを家のオーブントースターでできないかということで、ウイスキーに合うナッツプラスしてやってみました」とのこと。

また、使用するバナナについても、

「早く熱が通るように、スイートスポットが出て皮が薄くなってきたバナナを使っても良いかと思います」
バナナを加熱するレシピは『熟す前の固め』が使われることが多いようですが、むしろスイートスポットが出た後の方がおいしい場合もあります」
とのアドバイスももらいました。

お好みで加熱時間を調整すれば、バナナのとろけ具合も変えて楽しめそうです。ナッツチョコの種類を変えてアレンジするのも良いですね。

とても簡単に作れるので、おやつがわりに試してみて。