過去に中国でローストビーフをよく食べていたという男性の体内から長さ6.2メートルのもサナダムシが見つかったことがあったが、このほどタイに住む男性がトイレでお尻に違和感を抱いたところ、長さ10メートル近くはあろうかと思われるサナダムシが出てきたことで人々を驚かせている。『Mirror』などが伝えた。

タイ東北部に位置するウドーターニー県に住む、フリーランスカメラマンをしているクリサダ・ラップラチョムさん(Kritsada Ratprachoom)が今月8日、Facebookに投稿した写真が人々を驚かせている。そこにはトイレにいるクリサダさんの手に、白く細い紐状のサナダムシがまとわりついていたのだ。

クリサダさんは当時、子供達を学校に送った後に便意をもよおしてトイレに入った。しかし排泄し終わった後もお尻に違和感があったと言い、このように明かしている。

「なんかが残っている感じがして、まだ出し切ってないっていうか…。しかもお尻から何かが出ていたんだ。」

お尻から紐状のものが出ていることに気づいたクリサダさんは数日前に盲腸の手術をしており、それは縫合した糸ではないかと思ったという。それを引き抜いてみたところ、少し粘着性のあるゴム状に伸縮する紐のようなものが出てきた。驚くことに、それは32フィート(約9.8メートル)もの長さがあるサナダムシだった。

クリサダさんはそのサナダムシをトイレの水槽タンクの上に置いてみたところ、まだ生きて動いていた。そして動画と写真に収めてから、トイレに流したそうだ。クリサダさんは動画をFacebookに投稿したところ4日間で95万回以上も再生され、人々の関心を集めることとなった。

実はクリサダさん、盲腸の手術後から普段通りの食事を摂っていたにもかかわらずお腹を下していた。しかしこサナダムシが、どうやってクリサダさんの体内に入ったのかは分からないそうだ。ちなみに英『Mirror』によると、サナダムシは最長55フィート(約16.8メートル)にまで育ち、腸内で25年間も生き続けることがあるという。

画像は『ตากล้อง ซิ่ง 2019年12月8日Facebook「เชี้ยเอ้ย…..อะไรมาอยู่ในตัวกูวะเนี่ย」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト