no title

 コップもともと飲み物を入れる容器という役目を果たすべくこの世に誕生したものだが、それは人間用に作られたものであり、猫はエキセントリックな方法でその容器と立ち向かっていくのである。

 動物界きっての科学者である猫だもの、コップの構造を理解しようと様々な角度から触ってみたりもするし、埋葬を試みようとするものもいる。

 ということでここでは猫とコップの奇妙が関係がわかる6つのGIF動画を見ていくことにしよう。

―あわせて読みたい―

今期もっとも期待されるゴールキーパー、それは猫。
蛇口から直接飲むのまではわかるが...猫の水の飲み方がいろいろおかしい件
おい!水を無駄にするなとあれほど...水遊びをしていた犬、猫にたしなめられてしょぼーん
引っ越した日に出会った野良猫。当然飼うことになるわけだがニャンとも特別な水属性の猫だった。
好奇心いっぱいの子猫が炭酸水に前足を入れてみた。うっかり猫であることを忘れた。

コップの水を通した手の動きを観察する猫

10

 まさしく猫科学者である。水の入った状態のコップの反対側に手を置きその動きを確認しているようだ。コップレンズの役割を果たしているようだ、くらいは理解していることだろう。

肉球を駆使して水を飲む猫

3jfygw

 猫は直接容器に口をつけて水を飲むと思われがちだが、肉球を器用に使って手で水を飲む猫も存在する。これは適応進化といえるのかどうかはわからないが、賢そうなお上品キャッツに見えるので、飼い主に喜ばれるかもしれない。

コップの埋葬を試みる猫

2

 コップの中に入っている液体が飲みきれないので隠そうとしたのかもしれないし、ご馳走様の合図かもしれない。あるいは逆にヤバイ飲み物だから闇に葬ろうとしたのかもしれない。

 うちの猫の場合は、餌を全部食べ切れない時に、餌の皿に対してこの仕草を良く行う。埋めたくせに(本当は埋まっていないが)そのことををすっかり忘れて、普通に残りの餌を食べているけど、そこもまたかわいいところだ。

一滴残さず飲み干す猫

3

 地球にやさしい猫の場合にはコップの底の水滴も漏らさず舐めつくしてくれるのだ。

そこにグラスはあった。そこにグラスがない。

10

 この猫も肉球で水を飲むタイプだ。グラスを置いておくと慣れた手つきで肉球を水に浸してそれを舐めるのだが、慣れすぎちゃってコップを移動させても動作だけは続けてしまったようでちょっと気まずい風。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52285608.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

はじめまして赤ちゃん!マラミュートたちのおうちに小さな妹がやって来た!
散歩中、うっかりキツネの巣穴に落ちてしまった犬が3日ぶりに発見され涙の再会(イギリス)
そこに水があるから入る。どんな水たまりでも見逃さず入り込む犬
猫のギズモさん、どうしてもお風呂に入りたくって巧みな肉球づかいでちゃっかり侵入
想像してごらん、海に浮かんでいるとその下には大量のサメが泳いでいる姿を!経験したいならモルディブにGO!

―動画の紹介記事―

はじめまして赤ちゃん!マラミュートたちのおうちに小さな妹がやって来た!
そこに水があるから入る。どんな水たまりでも見逃さず入り込む犬
猫のギズモさん、どうしてもお風呂に入りたくって巧みな肉球づかいでちゃっかり侵入
これは懐かしい!地下に1990年代のレンタルビデオ屋を再現した男性(アメリカ)
想像してごらん、海に浮かんでいるとその下には大量のサメが泳いでいる姿を!経験したいならモルディブにGO!
掘ったり抱いたり埋まったり。猫とコップの奇妙な関係