昨今、外国人男性ユーチューバーが日本を訪れ、迷惑行為をする動画をアップロードし炎上する事例が相次いでいる。国籍に関係なく不適切な動画は遺憾だが、外国人が日本の文化をバカにした上、なじるようなことをする様子には、さらなる怒りを感じてしまう。

 そんな外国人ユーチューバー動画の中で、多くの人を怒らせ、企業が法的措置を検討したのが、2018年に発生した回転寿司店に仕掛けられた不適切動画だ。

 動画をアップロードしたのは、東京在住と思われる外国人ユーチューバー回転寿司店「スシロー」で、回転寿司のレーンに撮影用カメラGoPro」を置き、そのまま流したのだ。流れるカメラは、「寿司アングル」で利用客を次々と映していく。

 事態の飲み込めていない客の中には、カメラに向かって手を振る人も。そしてカメラバックヤードに流れ着き、再び別のレーンに出ようとしたところで、店員によって取り除かれた。

 バックヤードでは店員がカメラを持って右往左往したが、その際に寿司を作る様子が映り込んでおり、同業他社の人間が見れば「どのように寿司を作っているのか」が丸わかりになる。店員は「重大事態」とは考えていなかったようで、最終的に笑顔でカメラユーチューバーに返した。

 この動画に、日本人が激怒。「不衛生だ」「食中毒が出たらどうするんだ」などの怒りの声が殺到。さらに、スシローの対応についても「なぜ笑って許したのか」「危機感が薄い」「客を守ろうとしていない」と批判が上がることに。

 事態を受けたスシローは、公式サイトで「撮影を許可した事実はない」とした上で謝罪するとともに、警察への相談と法的措置に出ることを検討していると発表し、多くの日本人もその動きを支持した。

 ところが、2019年12月現在も、この動画は外国人ユーチューバーチャンネルで見ることができるようになっている。そして、コメントにはユーチューバーが「撮影を拒否されなかった」「スタッフが親切だった」と言い訳し、「そんなに大したことだとは思わなかった」などと釈明するコメントを固定。削除するつもりはなく、現在も日本に関する動画をアップロードし続けている。

 スシロー側とどのように話がついたのかなどは、現状掴むことができなかったが、現在も動画が見られるようになっているのは、日本人をナメていると言われても致し方ない。非常に胸糞の悪い動画だ。

画像はイメージです