香川と過ごしたドルトムントでの2年間について回顧「彼のことが大好きだった」

 リバプールユルゲン・クロップ監督が、ドルトムント時代の教え子である日本代表MF香川真司(サラゴサ)について回想。獲得が決まった直後、「我々はスーパープレーヤーを手に入れた」と歓喜していたことを明かした。英サッカー情報サイト「トライバル・フットボール」が指揮官コメントを伝えている。

 リバプールと言えば、現在はオーストリア1部ザルツブルク日本代表MF南野拓実獲得が話題となっている。クロップ監督は会見で南野については詳しく語らなかった一方で、同じ日本人ということでかつての教え子である香川との思い出について語っている。

シンジ・カガワとともに働けたのは素晴らしいものだった。彼のことが大好きだったよ。私にとって素晴らしい経験だった。シンジに会うまで、私は日本のフットボールについて知識がなかったからね」

 クロップ監督は香川と出会い、日本人プレーヤーに対する印象が変わったようだ。さらに香川の獲得を決めた当時のことについても、こう振り返っている。

ビデオを見て彼の獲得を決めたが、100%の確信はなかった。だが彼の最初のトレーニングを見た後、『オーマイゴット、我々はスーパープレーヤーを手に入れた』とドレッシングルームでコーチたちと抱き合ったよ」

 香川はドルトムントに加入し、2年後にはマンチェスター・ユナイテッドへとステップアップを果たした。クロップ監督とともに戦ったのはわずか2年間だったが、与えたインパクトは絶大だったようだ。

 すでにリバプールが獲得合意と伝えられ、今冬の加入が現実味を帯びている南野もこのドイツ指揮官に感銘を与えることはできるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

リバプールのクロップ監督(左)がドルトムント時代の“教え子”香川を回想【写真:Getty Images】