ヘルタ戦で“幻のゴール”、ブンデスゴールはまたもお預け

 ヘルタ・ベルリン戦の前半38分、フランクフルトの本拠地コメルツバンク・アレーナが大きな歓声に包まれた。

 左サイドを突破したMFフィリップ・コスティッチがマイナス気味にスピードのあるパスをペナルティーエリアに送ると、走りこんだFWゴンサロ・パシエンシアがこのボールスルー。詰めてきていた日本代表MF鎌田大地が右足ダイレクトゴールネットを揺らした。鎌田は笑顔でアシストを送ってくれたコスティッチのもとに駆け寄る。

 だがVAR(ビデオアシスタント・レフェリー)判定の結果、直前のプレーでコスティッチが相手選手を押し倒していたために、残念ながらノーゴールになってしまう。待望のブンデスリーガ初得点となるはずが“幻”となってしまっただけに、「ブンデスに関しては、まだゴールも生まれてないし。まあ、不運というか……なんだろう、1点が遠いなと思います」と、試合後に残念がるのは無理もない。

 だがチームを率いるアディ・ヒュッター監督にとって、このシーンでのオフェンス陣の動きは停滞気味の攻撃に関して非常に満足のいくプレーの一つだった。「あのシーンでゴンコ(パシエンシア)は、最初スペースをあけておいてからそこにダッシュで入り込んだ。相手DFを戸惑わせて、そしてボールスルーした」と、一連の動きを高く評価した。

 FW陣がさぼっているわけではない。だが、得点をなかなか奪えないでいると、とにかく自分がどのようにシュートするかばかりに意識がいきがちになり、スペースを作る動きや味方を生かす動きができなくなってしまうことがある。鎌田も、そんな同僚に理解を示している。

「やっぱり前の選手とかは気持ちの面で、自分で思ってなくても1点取れるだけで楽になったりとか、1点取るだけでいろいろ変わってくると思うので、それをみんな待つしかないと思います。あれだけ点を取れないというのは、自分たちが何か一つ噛み合っていなかったりだとか、あとは少しの運だったり、そういう部分が今は足りていないのかなと思うし。僕自身も(UEFAヨーロッパリーグ/EL)アーセナル戦から、すごくゴール自体には近づけていると思うし。こういうのを続けていくことが大事かなと思います」

ギマラエス戦のゴール指揮官も絶賛 「トレーニングした狙い通り」

 今週のトレーニングでヒュッター監督は、FW2人の動きを逐次修正しながら、攻撃の起点を作り、中央からの崩しをより引き出せるようにと取り組んでいる。すぐに結果が出るかは分からないが、狙いが明確になってきたらフランクフルトの攻撃によりバリエーションが生まれてくるはずだ。そして、それが機能するためには鎌田の存在が重要になる。

 ヘルタ戦でも中盤でボールを引き出し、多くの好機に絡んでいた。VAR判定でノーゴールとなった直後のプレーでは、中盤センターで相手からボールを奪い取ると、左サイドのコスティッチにきれいなスルーパスでチャンスメーク。前半44分、中盤から鋭い動きで2人を振り切ってドリブルで持ち運ぶ。最後はファウルぎりぎりのプレーで潰されたが、パシエンシアとのワンツーで抜け出せていたらビッグチャンスになっていた。

 後半34分には左サイドからのドリブルで強引に左足シュートへ持ち込むなど、積極的にゴールを狙い続けている。フランクフルトハードスケジュールで試合をこなしているが、鎌田自身のコンディションは良好だ。

「今はプレー内容もいいし、一時に比べると疲れというか、乳酸も溜まりづらくなって。コンディション的に、凄くいいのかなと思います」

 そして12日に行われたELグループステージ最終節のギマラエス戦(2-3)で、鎌田は一時逆転となるゴールを挙げた。まさにヘルタ戦でのゴールと同じような形からの得点に、ヒュッター監督も「2点目は嬉しい。トレーニングした狙い通り。機能した」と大喜びし、鎌田自身も「上手く前が潰れてくれて。常にああいうゴールは狙っていますけど、今までやってきたからこそ今日取れて。続けていけたらいいかなと思います」と手応えを口にした。

 今後も得点パターンとして期待できるようなきれいな形でのゴールチームの中で、より明確な狙いとして定着していきそうな感じはある。

「深い位置まで行けば、僕自身決められる確率もかなり上がる」

「ウチは結構コスティッチとか、(DFダニー・)ダ・コスタもそうですけど、早いタイミングで、ラフなボールを入れることが結構多い。そうなると僕はノーチャンスだし。ああやって深い位置まで行ってくれて、足もとだったりヘディングも、ラフじゃなくて……ああいう深い位置まで行けば、僕自身決められる確率もかなり上がると思います」

 昨季は前線に得点力の高いFWルカ・ヨビッチ(現レアル・マドリード)、FWアンテ・レビッチ(現ACミラン)、FWセバスティアン・アレ(現ウェストハム)が飛び込みゴールを量産していたが、今季は違う得点へのバリエーションを確立することが求められていた。アーセナル戦での2ゴール、そしてこの日のゴールで、鎌田をどう生かすのか、という考え方がもっと出てくるはずだ。(中野吉之伴 / Kichinosuke Nakano)

前向きな姿勢を見せたフランクフルトMF鎌田大地【写真:AP】