掃除は「ちょっと嫌だな」というストレスがあると、どうしても後回しにしてしまいがち。
たとえばトイレの床掃除なんて、そうですよね。
広いトイレならいいのですが、大抵はトイレが狭く、便器の後ろ側に立てません。
そんな狭いトイレで便器の後ろの床を拭く時、便器の前にひざまづいて、せいいっぱい手を伸ばして床拭きをするのですが、下手すると便器にほおずりしちゃいそう……。
コレが嫌で、ちょっとの汚れなら「まぁ、いいっか」と見逃して、汚れを積もらせている、そんなことありませんか?

そんな掃除ストレスを解消してくれるグッズが、ダイソーにありました。

フロアワイパーじゃなく、網戸用ワイパーが使える!

網戸用ワイパー。

トイレの床もフローリングの床掃除を楽にしてくれるクイックルワイパーのような床掃除道具があればいいのですが、既存の床掃除道具は大きすぎ……。狭いトイレだと、便器にひっかかって小回りが利きません。
そこで小回りの利く掃除道具をさがしたら、ありました。それがこちらの網戸用。

小回りが利きます!

トイレ用でも、床拭き用でもないのですが、フロアワイパー同様、シートを挟むところがあります。
これにウエットシートを挟んでトイレの床を拭いてみると、便器の真後ろもらくらく。小回りもバッチリ!しかも体勢も楽だし、奥までらくらく拭けます。
また汚れたシートに触れるのはシートを外す時だけ。ビニール袋などを利用すれば、そのまま触れずにすてることもできます。
いやぁ、快適。
手で床拭きしていたときはしづらかった、均一に拭きとるということも簡単。

こういう場所の拭き掃除、なかなかできないですよね。

もともと網戸用のワイパーなので、トイレの壁の拭き掃除も難なくできます。
この網戸用ワイパーとお掃除シートがあれば、サクッとトイレの床・壁掃除ができちゃうなんて、快適~。
実は筆者も、トイレの床掃除が面倒だと思っていた1人でした。
長年面倒だと思っていたことが110円のこのグッズごときで、改善されるわけないだろうと侮っていましたが、「あ~、トイレの床掃除嫌だな……」と思う気持ちが見事消えました。
トイレの床・壁掃除がイヤだな、という掃除ストレスをお持ちの方、オススメですよ。

掃除シートを利用すると掃除が楽になる!と実感したところで、次にダイソーで揃うお掃除シートが活用できる掃除グッズを3つご紹介します。

(1)取り替え式スキマ棒

取り替え式スキマ棒2本入り。

凹凸のある部分の掃除に便利なのが。スキマ棒。割りばしに布やストッキングを巻き付けて作ることもできますが、ゴムを巻き付けて固定させるのが面倒です。

スキマ棒2本とシート2枚が入っています。

そんな面倒なことがいらないのが、このスキマ棒。

トイレの隙間だけではなく、エアコンの吹き出し口の掃除もできます。

この棒にお掃除シートを巻き付けるだけでOKです。シートの最初と最後を挟むところがあるので、サクッとお手軽隙間棒ができちゃいます。

(2)隙間らくらくハンディワイパー

隙間らくらくハンディワイパー。

手の届きにくい場所を掃除するならこれ。お掃除シートをとりつけて隙間にすべらせれば、らくらくお掃除できます。

便器と壁の隙間もラクラク掃除できます。

冷蔵庫などの下にも使えますね。

(3)隙間らくらくハンディワイパーワイド

隙間らくらくハンディワイパーワイド。

トイレの入り口が引き戸なら、この隙間らくらくハンディワイパーワイドが便利。こちらもシートを巻きつけてレールや溝にそって滑らせるだけで汚れがとれます。

サッシやブラインドなど、幅広な隙間の掃除に。

ワイドなので、スキマ棒よりも広範囲を一挙に拭けるところがラクチンです。

お掃除シートを利用する掃除道具は、装着も取り外しも簡単。しかも、手持ちのお掃除シートが使えるので、掃除したい場所によってドライやウエット、または洗剤がついたものなどシートの使い分けができます。ぼろきれやぞうきんを用意することもなく、また汚れた布を洗うこともしなくて済みます。さらには手に触れることも最小限で済むので、手荒れが気になる方にもオススメ。ズボラさんの大掃除に大活躍しますよ~!

※店舗によって品揃えが異なり、在庫がない場合があります。また掲載商品については廃盤、仕様変更等となっている場合があります。

文/栗山 佳子

関連画像