生涯未婚率が上昇している現状や独身でいる人の考え方などについて考えてみます。

iVERY(アイベリー」は街コンジャパン株式会社リンクバル)が運営する、婚活と恋活を頑張るすべての女性を応援する「出会い」の情報サイトです。最新の婚活パーティー・恋活パーティーの情報や恋愛の攻略法まで、幅広くご紹介されています!

今回、iVERY(アイベリー)様から記事をご提供いただきました。ミドルエッジをご覧の女性に向けて、恋愛をテーマにした記事をご紹介します!!

生涯未婚率が上昇している現状や独身の結婚への考え方とは?

近年、恋愛の形が多様化しているように、結婚における考え方についても変化が見られます。日本では生涯未婚率が年々上昇しており、独身での人生を楽しむ独身貴族という言葉もありますよね。

そこで今回は、生涯未婚率が上昇している現状や独身でいる人の考え方などについて解説していきましょう。

1. 日本における生涯未婚率の現状とは?

昔は結婚適齢期になると結婚するのは当たり前で、結婚していない人はほとんどいないという状況でした。

しかし、近年では50歳までに一度も結婚をしたことのない人を指す生涯未婚率が上昇し、結婚が当たり前でない時代になっています。
 (2157264)

出典 machicon.jp
日本の生涯未婚率が大きく上昇し始めたのは1995年頃であり、男女どちらにも上昇が見られました。特に女の子は経済状況や女性の社会進出などによって結婚への価値観が変化し、大きく上昇を見せたと考えられるでしょう。

2010年には男性の生涯未婚率が20%を超え、男性にとっても結婚の考え方が大きく変化しています。

現状のままだと2040年には男性が約30%、女の子は約20%にも上ると予測されており、少子化に拍車をかけると懸念されているのです。

2. 独身の考え方1「独身を楽しんでいる」

ここからは、独身で過ごすことを選択する人の考え方について解説していきます。1つ目の考え方として挙げられる、独身を楽しんでいる場合について見ていきましょう。

結婚するとしたいことを制限される

結婚すると家庭を守ることに集中しなければならないため、自分のしたいことができなくなることもあるでしょう。

男性は結婚すると自由がなくなってしまうのが嫌だと考える人も多く、独身で気楽に人生を謳歌したいという考えが増えているのです。
 (2157274)

出典 machicon.jp

子どもを産むと自分の時間がなくなる

女の子の場合は子どもを産むかどうかという問題もあり、子どもを産んだら家事育児に加えて仕事をする場合も多いですよね。

もちろん家族のために尽くすことを幸せに感じる人もいますが、自分のために時間を使いたいと考える女の子も多いです。

独身であればどこに行くにも何をするにも家族のことを気にする必要がないので、自由な生き方をしたいと考える人は結婚を選ばなくなります。
 (2157277)

出典 machicon.jp

この記事の続きは「婚活&恋愛コラムiVERY」でお楽しみ下さい。

元のページを表示 ≫

関連する記事