0_e0

 この愛くるしい顔を見てほしい。このまま野に解き放ったら戦闘力的にかなり問題があるだろう。キツネの場合、何らかの事情があり人の手によって保護されたものの、人に懐きすぎて野生に戻せなくなるというケースが続発している。

 このキツネプリンちゃん(英国風にいうとプディング)もその1匹だ。

―あわせて読みたい―

瀕死の状態で保護された赤ちゃんキツネ、自分を犬と思い込み人に懐きすぎて野生に戻せず13年(英)
飼い犬と親友になった野生のキツネ物語
このなつきっぷりは・・・犬と間違えられて保護されたキツネ、犬っぽすぎて野生に返せず。(イギリス)
助けてぇ!困っている子ギツネを助けたら、目をウルウルさせながらなついてきた。
「出会いと別れ」 傷ついてボロボロになっていたキツネの子を保護して野生に帰すまでの記録映像

 プリンちゃんは3年前、英国、ノーサンプトンシア州で母親に育児放棄され、ラッシュデン国立フォックス福祉センター(NFWS)に保護された。それ以来ずっと人間の手で育てられた為、すっかり人間に慣れて、野生には戻せない状態で、この保護センターペット的存在となっている。ペットというか、もうマドンナだ。

1_e0

 カメラを向けると、どういうポーズをすればかわいく写るのか、よくわかっていらっしゃるようで、写真写りがすごく良い。

2_e

4_e0

 とてもおちゃめな子で、海を越え、アメリカテレビでも報道され、フェイスブックでも人気急上昇中だ。

3_e

 NFWSのマーク・ヘミントンによると、引き取った当初は野生に戻すつもりで、ほかのキツネ子どもたちと一緒にして、エサの捕り方などに慣れさせようとしたが、プリンちゃんは人間と一緒にいるのを好んで、ヘミントンから離れようとせず、どんなに冷たくあしらっても、追い払っても、その作戦はことごとく失敗したという。

5_e0

 だが本来、野生動物にとって最適な場所はあくまでも野生である。今回は例外中の例外だとヘミントンは主張する。実際にキツネを飼いならそうとすることは勧めていない。

 NFWSは、20年以上、病気や怪我をしたキツネを保護してきたボランティア団体で、ヒゼンダニ症に苦しむキツネの治療もおこなっている。


Pudding the fox September 7th 2014"

via:dailymail・原文翻訳:konohazuku

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52171903.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

掘ったり抱いたり埋まったり。猫とコップの奇妙な関係
はじめまして赤ちゃん!マラミュートたちのおうちに小さな妹がやって来た!
散歩中、うっかりキツネの巣穴に落ちてしまった犬が3日ぶりに発見され涙の再会(イギリス)
そこに水があるから入る。どんな水たまりでも見逃さず入り込む犬
猫のギズモさん、どうしてもお風呂に入りたくって巧みな肉球づかいでちゃっかり侵入

―画像の紹介記事―

犬のお母さん「迷子になっちゃダメでしょ!」とかいがいしく子猫のお世話をする
ポテトも概念です。バーガーキングが世間を騒がせた「バナナは概念です」アートに便乗(フランス)
公共の乗り物で見かけた奇妙な人々
またインスタで変なものが流行ってる。唇の形を波打たせる「オクトパスリップ」が美容トレンドに
どうみてもバスにしか見えない?でもこれコンクリートの塊なんだぜ。錯視的3Dグラフィティアート
またしてもここに・・・人に懐きすぎて野生に帰せなくなったキツネシリーズ、イギリスのプリンちゃん。