top

 生体発電で獲物を麻痺させるというとんでもない技を有するデンキウナギ

 彼らは名にウナギとあるものの、いわゆるウナギとは違う特殊な体の持ち主。体長のほとんどを占める発電器官によって、時には800V以上もの高電圧を発生させることができる。

 アメリカでそんなデンキウナギの能力を可視化した水族館クリスマスイベントが人気を博している。このイベントで活躍するのはミゲルワトソンという名で親しまれているデンキウナギだ。

 ワトソン氏の放電と共に輝く一風変わったイルミネーションを見てみよう。

―あわせて読みたい―

きょうれつ!ってひらがなで打ちたくなるくらい強烈な電気ウナギの攻撃を可視化した映像
そのオーバーキルはなんなんだよ!人をも殺せる殺傷力を持つ水中に潜む10の魚 Part2
植物を光源に。暗闇で光る植物を作り出す研究が進められている(米研究)
「雷に打たれると異能に目覚める」は本当か?雷に打たれた後特殊能力を身に着けた3つのケース
1種類だけじゃなかった。最強の電気を放つ種から最弱の種まで、奥深いデンキウナギの世界。

Can an Electric Eel power the lights on a Christmas Tree? (SPOILER WARNING: Sort of.)

デンキウナギの放電と連動して光るツリー

 これはテネシー州チャタヌーガにあるテネシー水族館クリスマスイベント

 このイベントではデンキウナギミゲルワトソン氏の放電と連動して、水槽のそばのクリスマスツリーライトが光ったり音が出たりする。

ほんのり瞬いてるときはけっこうムーディ
スクリーンショット-(509)

でも時々バシッ!と光るぞ
スクリーンショット-(519)

 スタッフはこのように説明している。

 「ライトが激しく点滅する時は、デンキウナギが食べ物を探しているときです。この時は低圧電気が絶え間なく発生します。激しい閃光は食べているときや興奮してるときに発生する高圧の電気ショックを示しています」

 このイベントは現地でも大人気で、たくさんの来場客がデンキウナギのかたわらで光るツリーを見にやってくるそうだ。

時には800V超え!冷凍の餌にも興奮!

 水族館によると、餌を探しているときのデンキウナギから発生する電圧は10V程度。だが時には800Vを超える時もあるという。

スクリーンショット-(522)

 彼らは身を守る時や獲物を気絶させる時だけ高電圧を発生させる。

スクリーンショット-(521)

 ちなみにワトソン氏の飼育係スタッフも彼のお食事タイムにはスリリングな体験をするそうだ。

「私たちが食べ物を水槽の中に落とすと、ミゲルは本当に興奮して、それを気絶させようとして高電圧を発生させます。彼にあげてる餌は冷凍したものですが、それでも彼はすごく興奮するんです」

 なお、このツリーのライトワトソン氏の放電で直接光っているのではなく、水槽内にあるセンサーが検知した電圧の高さをライトの光度で可視化したものだという。

日本でもデンキウナギのイベント開催中!

 現在日本でも同様のクリスマスイベントを行っている水族館がある。

世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ(岐阜県
2019年11月2日12月25日まで、デンキウナギの発電でクリスマスツリーがライトアップするイベントを開催中。期間中のお食事タイム(土日祝 13:00)には一層輝くイルミネーションが見られるぞ。

新江ノ島水族館神奈川県
2019年11月1日12月25日まで、デンキウナギが発電するエネルギーを活用する「デンキウナギのecoツリー点灯イベントを開催中。デンキウナギの生態などをわかりやすく説明してくれる。

しながわ水族館東京都
2019年11月27日12月25日までの「しな水のクリスマス2019イベントで、デンキウナギがツリーのイルミネーションのお手伝いをする「デンキウナギのイルミネーションツリー」を開催中。

 
 近ごろ水族館に足を運んでない人もそうでもない人も、強力な電気を発するデンキウナギの生態に思いを馳せつつ、期間限定のイルミネーションを楽しんでみてはいかがだろうか?

References:geekologie / youtubeなど /written by D/ edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52285578.html
 

こちらもオススメ!

―動画の紹介記事―

海外の回転寿司店で、素手で寿司を触るまくる女児の姿が投稿され両親に非難の声
ノーフューチャー、ノーライフハック。ガソリンをレジ袋に入れてトランクで運ぶという荒業(アメリカ)
掘ったり抱いたり埋まったり。猫とコップの奇妙な関係
はじめまして赤ちゃん!マラミュートたちのおうちに小さな妹がやって来た!
そこに水があるから入る。どんな水たまりでも見逃さず入り込む犬

―水中生物についての記事―

水が濁っていると、混乱した交尾によって新種を創り出してしまう魚の存在が確認される
トイレに流される金魚を救え!フランスの水族館が金魚の保護施設を作る
タコの知性爆発!障害物で隠された隙間をすり抜け見事脱出を成功させる
その魚、あまりにも人面魚。人の顔そっくりの模様を持つ鯉の姿が話題に
捕食者の存在が獲物集団の健康改善に役立つ可能性が示唆される(米研究)
デンキウナギの放電でメリークリスマス!