松本明子(画像は松本明子 公式Twitterスクリーンショット

有吉弘行ゲストが街を散策、新たな魅力を発見する人気街ぶら番組『有吉くんの正直さんぽ』(フジテレビ系)。14日放送回に松本明子が登場したのだが、同じくゲストスギちゃんへの接し方が波紋を呼んでいる。

◼3人は旧知の仲

この日は有吉とフジテレビ・生野陽子アナのレギュラー陣、ゲストの松本とスギちゃん江東区・木場を散歩した。

途中から合流した松本は「久しぶり」とスギちゃんと握手。有吉も含め『進め! 電波少年』『進ぬ! 雷波少年』(共に日本テレビ系)から知っている旧知の仲だけに、和気あいあいとした雰囲気が伝わってくる。

有吉は、松本が近眼のため距離感が掴めないと言及。その言葉通り、松本とスギちゃんの距離が異常に近いまま、4人での散歩がはじまった。

関連記事:松本人志と金銭トラブルの三又又三 衝撃エピソードの数々に「最低クズ」

◼松本の『DAISUKI』スタイル

散歩中、松本はまるで恋人同士のようにスギちゃんに寄り添って、ときには手をつなぎ、ときには腕を組む。

これは以前からの松本の散歩スタイル。1991~2000年まで続いた中山秀征と飯島直子とのロケ番組『DAISUKI!』(日本テレビ系)でも同様に腕を組みながら歩く姿が目撃されてきた。

前述の有吉の指摘通り、近眼も理由なのだろうが、視聴者からはこの散歩スタイルにさまざまな意見が寄せられている。

◼視聴者からは賛否

DAISUKI!』を知る世代からは「そぞろ歩くスタイル、『DAISUKI』を思い出した。変わって無いなぁ」「松本明子は『DAISUKI』でも飯島直子や中山秀征と腕組んで歩いてたな。きっと癖なんだな」と懐かしむ声が。

また、「仲の良い姉弟みたいで微笑ましい」「松本明子さんの自然に人にくっつく感じ、羨ましい」と好意的な意見も多かった。

しかしその一方で、「あの擦り寄りマジでウザくてキモいんだけど。まだやってんの?」「セクハラおばさんにしか見えない、怖い」「俺やったら勘違いするからやめて欲しい」と否定的な意見も目立っていた。

◼約4割は「気がある?」

しらべぇ編集部で全国10〜60代の男女1,732名を対象に調査したところ、全体の36.5%が「距離感の近い異性は自分に気があると思う」と回答している。

距離感

実情や松本のことを知っていればまだしも、異常に近い距離で接する松本の姿は、他人から見れば「気がある」と勘違いさせるに充分なものだった。視聴者から賛否が起こったのも仕方がないのかもしれない。

・合わせて読みたい→中居正広とナイナイ岡村、5年間の絶交を告白 「きっかけは松本人志」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年3月22日2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名(有効回答数)

松本明子、距離感が異常な街ぶらロケに賛否 「『DAISUKI』を思い出した」