責任編集:田所昌幸(慶應義塾大学法学部教授/「アステイオン」編集委員長

アステイオン91 公益財団法人サントリー文化財団・アステイオン編集委員会 編 定価:本体1000円+税 CCCメディアハウス
特集「可能性としての未来――100年後の日本」

100年前の1920年(大正9年)、ジャーナリスト三宅雪嶺は主宰する雑誌『日本及日本人』で「百年後の日本」を特集した。島崎藤村、宮崎滔天、菊池寛、室生犀星、山川菊栄ほか、学者、教育者、政治家、文学者、ジャーナリスト、官僚、軍人、労働運動家、宗教関係者など300人を超す人々が原稿を寄せ、100年後の日本について論じた。
『日本及日本人』から100年後の今、本特集で改めて100年後を予測することで、現在を生きる我々が未来を創る活力の糧としたい

責任編集:田所昌幸(慶應義塾大学法学部教授/「アステイオン」編集委員長

<巻頭論文>
「可能性としての今――先人たちの予測した2020年の日本」田所昌幸(慶應義塾大学法学部教授)
「可能性としての過去――ヴェルサイユ条約100年論争史」大久保 明(日本大学国際関係学部助教)

<特集>君塚直隆/松森奈津子/熊倉功夫/ 渡辺 靖/トイアンナ/福嶋亮大/江頭 進/デイヴィッド・A・ウェルチ/辛酸なめ子/袴田茂樹/待鳥聡史/玄田有史/飯尾 潤/阿川尚之/沖本幸子/ 猪口 孝/ほか 計64名

<連載>張 競/五百旗頭 真/三浦雅士
<写真で読む研究レポート>京谷啓徳

<グラヴィア 地域は舞台>東 浩紀

座談会デイヴィッド・A・ウェルチ + ジョナサン・ラウシュ +久保文明 + ビル・エモット + 田所昌幸

目次

特集「可能性としての未来――100年後の日本」 巻頭言 田所昌幸

可能性としての今――先人たちの予測した二〇二〇年の日本・・・・・・田所昌幸

可能性としての過去――ヴェルサイユ条約一〇〇年論争史・・・・・・大久保

皇室は世界の安寧のために・・・・・・君塚直隆


生存、安全から幸福、歓待へ・・・・・・松森奈津子

一〇〇〇年前から見たら・・・・・・熊倉功夫


それでも私たちは愚直に未来を予測し続ける・・・・・・渡辺 靖

ぜいたくは敵だから、結婚しません・・・・・・トイアン

折り畳み百年・・・・・・福嶋亮大

存続意義を失う地方都市・・・・・・江頭 進

名探偵コナンはまだ続いている・・・・・・デイヴィッド・A・ウェルチ

高まる魂の経験値・・・・・・辛酸なめ子

人間の本性と歴史の生地は変わらず・・・・・・袴田茂樹

それでも民主主義は「ほどよい」制度だろう・・・・・・待鳥聡史

希望、だって(笑)。・・・・・・玄田有史

どの「日本」が生き残っているのか・・・・・・飯尾 潤

鴨川のほとりにて・・・・・・阿川尚之

座る身体のゆくえ・・・・・・沖本幸子

予測とは観察のことだ・・・・・・猪口 孝


「今を生きる」の意味・・・・・・宮野公樹


保守の支配するリベラルな国・・・・・・前田健太

自発性が強制されない時代になればいいが・・・・・・武田 徹


三〇年後くらいならともかく・・・・・・中西輝政

肌色復古主義と真正涙論争・・・・・・林 晟一

文明の出直し・月面の日本基地より・・・・・・張 競

借りモノとしての衣服・・・・・・小形道正

ミソジニーを超えた文化へ・・・・・・池上裕子


日本語表記がローマ字になっている・・・・・・佐藤卓己


強烈な個性が跳躍する世界での日本らしさ・・・・・・岩間陽子

企業社会からPR社会へ?・・・・・・河 炅珍

乱立する価値観共同体は共存できるか・・・・・・隠岐さや香


人口小国として生きる・・・・・・上野千鶴子


イメージ」と化す芸術・・・・・・三浦 篤



森林があれば牡蠣は育ち続ける・・・・・・畠山重篤

袖ふれあうそれぞれの暦・・・・・・牧原 出

一寸法師計画・・・・・・藤森照信

日本発の新たな哲学・・・・・・安西祐一郎

したたかに生き延びる神社・・・・・・宮武実知子

やはり「人」は不確実性の下で生きている・・・・・・白石 隆

昆虫化日本 越冬始末・・・・・・五百旗頭

西太平洋連邦を目指して・・・・・・北岡伸一

過去から見る住宅の未来・・・・・・本田晃子

X氏との対話・・・・・・細谷雄一

本は絶滅しない・・・・・・田尻久子

グローバル化のもとでの分断と連帯・・・・・・前田亮介

百分の一秒後の未来・・・・・・奥本大三郎

「思想」は生き残れるか・・・・・・苅部 直

行く末を思う願望には際限がない・・・・・・山崎正和

ハイテク・プラス・「昭和」の日本を夢見て・・・・・・酒井隆史

美味しさの本質は不変だ・・・・・・鳥井信吾

いまと変らない世界・・・・・・川本三郎

人生観、終末観の変化・・・・・・佐伯順子


悠久の都道府県?・・・・・・砂原庸介

百年後とは長過ぎる・・・・・・高階秀爾

けだるい生・死権力のゆくえ・・・・・・遠藤 乾

トランプの末裔に翻弄される日本・・・・・・久保文明

孫どもへの期待・・・・・・芳賀 徹

「東京時代」は「近代」になる・・・・・・宮本又郎

不機嫌な人間ロボットで一杯になる・・・・・・猪木武徳

人恋しい国?・・・・・・鷲田清一

昔、日本は「借金大国」だった・・・・・・土居丈朗

一〇〇年という「無」・・・・・・青木 保


「何が変わらないか」から考える・・・・・・苅谷剛彦



百年後にも百年後は問われるだろうか?・・・・・・三浦雅士



世界の常識に抵抗する日本・希望をもって占う・・・・・・シルヴィオ・ヴィータ



世界が存在する偶然を・・・・・・小川さやか



一〇〇年後に記された「長い二一世紀」の歴史・・・・・・池内 恵



<写真で読む研究レポート>SPレコード袋のデザインを探る・・・・・・京谷啓徳



<グラヴィア 地域は舞台>住民による住民のための浜松まつり静岡県浜松市) ・・・・・・東 浩紀



座談会>グローバルな問題への適応をめぐって・・・・・・デイヴィッド・A・ウェルチ + ジョナサン・ラウシュ +久保文明 + ビル・エモット + 田所昌幸







<連載>夢を種蒔く人・厨川白村――鉄は熱いうちに打て 三高で過ごした日々・・・・・・張 競



平成史――大災害頻発の時代(上)・・・・・・五百旗頭



世界史の変容・序説――「まなざし」の起源・・・・・・三浦雅士

http://books.cccmh.co.jp/list/detail/2389/

配信元企業:株式会社CCCメディアハウス

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ