▽優勝争いから残留争いまで手に汗を握る接戦、熱戦が続いた2019シーズンの明治安田生命J1リーグ。超ワールドサッカー編集部は、J1全18クラブ通信簿(チームMVP、補強成功度、総合評価)をお届けする。第2弾は17位の松本山雅FCを総括!

MVP
DF飯田真輝(34)
明治安田生命J1リーグ29試合出場(先発29試合)/2得点

「21」という最少得点の中で、終盤まで残留争いを繰り広げられたのは「40」失点と奮闘した守備陣の頑張りだろう。その中で、守備の要としてGK守田達弥と共にチームを牽引する活躍を見せたDF飯田真輝を選出した。2010年夏に加入以降、J2優勝や2度のJ1昇格に光景した精神的支柱は、DFエドゥアルドやDF服部康平などが加入した煽りを受け、第6節のヴィッセル神戸戦で今シーズン初出場を果たすと、1ゴールも記録。勝利に導く活躍を見せたその試合以降、主力の座に返り咲き、J屈指の相手に粘り強く対応した。攻撃面においてもセットプレーから高打点のヘディングで2ゴールを決めれば、パワープレー要員で2アシスト。攻守両面で背番号「4」の存在に幾度となく助けられた。

◆補強成功度 【C】
シーズン前に得点力不足を指摘されていた前線にブラジルで結果を残したFWレアンドロ・ペレイラを補強の目玉として獲得。2ゴールこそ記録したものの、周りとの呼吸が合わず、シーズン途中にサンフレッチェ広島へと移籍する散々な結果に終わった。さらに、攻撃の活性化を期待されたMF町田也真人はケガを繰り返し、明治安田生命J1リーグ13試合の出場に留まるなど、前半戦はほとんど戦力になれなかった。

また、必要不可欠なピースとなっていたFW前田大然がさらなる成長を求めて今夏にポルトガルのマリティモへ移籍。それに代わる新たな得点源として期待されたFW阪野豊史は、第24節の浦和レッズ戦でゴールするまでは良かったが、その後は失速した。同じく夏に加入したFWイズマに至っては、終盤までコンディションが整わず、大きな誤算となり、チーム救世主にはなれなかった。

その一方で、湘南ベルマーレから加入したDF高橋諒チーム最多の3アシストを記録する及第点の働き。その中でも、シーズン途中にサンフレッチェ広島から加入した元日本代表DF水本裕貴の存在はひと際大きかった。粘り強い守備がより強固となり、大崩れする場面も減少。元日本代表DFが加入以降、複数失点は2試合のみと安定感抜群の守備でチームに多くのモノをもたらしてくれた。

◆総合評価 【E】
2018シーズンの明治安田生命J2リーグで、最終節までもつれる接戦を制して、4シーズンぶりのJ1に挑んだ松本。降格最有力に挙げられていたクラブは、スローガンに「境界突破」を掲げたが、その下馬評を覆せなかった。

その要因は明らかで、「21」というリーグ最少の最弱な矛だ。上述したように、得点源として期待されたレアンドロ・ペレイラが期待外れとなり、前田も海外移籍。さらに、攻撃の要でもあったMFセルジーニョが戦線離脱を繰り返すなど、シーズンを通してスタメンを固定化することができなかった。

その結果、攻撃の停滞感が否めず、勝ち切れない試合が相次いだ。実際、今シーズンのJ1リーグで松本だけ連勝がない。シーズン6勝、1試合の最多得点「2」、3試合の複数得点試合はいずれも最少(最多得点数は最少タイ)。最多スコアラーがFW永井龍の「3」という数字が物語るとおり、攻撃面のありとあらゆる部門で課題を抱え、必然的なJ2降格となってしまった。

シーズンに向けて、求められることはただ1つで、1年でのJ1復帰。しかし、その道のりは困難を極めそうだ。Jリーグ参入から8年間の長期政権を築いた反町康晴監督体制が終焉。加えて、最古参だった飯田や、FW高崎寛之、MF岩上祐三など、反町体制でJ1昇格に大きく貢献した経験豊富な選手が相次いで契約満了となり、クラブは転換期を迎える。

そして、クラブは新指揮官に若手育成に定評があるザスパクサツ群馬の布啓一郎氏を新監督に任命。市立船橋高校やU-19日本代表監督を率いた過去を持つ布氏だが、J2以上のカテゴリーでの指揮を執ったことがない。その来シーズンYBCルヴァンカップの参戦もあり、より過密日程を強いられ、チームとしても新たな輪郭を築かなければならないチャレンジ要素が強い1年になる。日本屈指のサポーターの後押しを受けて、年々レベルアップするJ2を勝ち抜けるか。新たな松本の姿に期待したい。
サムネイル画像