2020年1月10日(金)に公開される、映画『カイジ ファイナルゲーム』の試写会、題して「ようこそクズの皆様 圧倒的プレミアム試写会 Supported by 帝愛グループ」が本日12月16日(月)にCulb eX(品川)で行われ、藤原竜也福士蒼汰、関水 渚、吉田鋼太郎、佐藤東弥監督、そして原作者の福本伸行が登壇した。

9年ぶり、そして原作者の福本がオリジナルストーリーで自ら脚本を手掛けた本作。藤原は「前作を上回るエグいゲームを描いていただきました。ものすごい映画が完成しました。ざわざわします」と挨拶。続けて、シリーズの見どころでもあるカイジの“セリフ”について、「悪魔的とかよく芸人さんがモノマネするじゃないですか? 僕「床がキンキンに冷えてやがる」なんて言ったことないですからね(笑)モノマネについては“黙認”です(笑)」と笑いを誘い、「(セリフについて)こんなに連続でくるんだっていうくらい、今回は盛り込まれてます」と言及した。

また、シリーズ初参加となった福士は、「びっくりしたのは、段取り・テスト・本番の中で段取りが一番テンションが高い!」と藤原について告白。すると、藤原は「それ、ダメじゃん!」と苦笑い。吉田は福士のコメントについて「(藤原は)俺はこれで行くぜってまず宣言する。そうすると周りも藤原ペースになっていくんだよね」と補足しながらも「藤原竜也にみんなが自然とついていくという空気を作ってくれます。とにかく竜也の芝居を見ていると、ものすごいレベルの高い芝居をまずは見せて、この映画はこのレベルでいくぞと。だから、そこについていくのがなかなか大変」と藤原の俳優魂を絶賛。これについて藤原は「福本先生が描く世界観というのは、日常的な熱量では太刀打ちできないものがあるので、普段よりも熱を上げて臨まないと成立しないんじゃないかなと思いながら演じてます」と語った。

そして9年前、当時12歳小学校6年生の時に『カイジ』を観たという関水は、本作への出演について「本当に夢のようです。肩こりするほど緊張しましたが、藤原さんをはじめ先輩方がとても優しく接してくれたので楽しく撮影できました」とコメント。続けて、「藤原さんは本当に優しくて、緊張して現場でどうしたらいいのか分からなくて、一人でポツンとしてたら、あっちに椅子あるから一緒に行こうって誘ってくれて」とエピソードを披露。会場が、“ざわざわ…”すると、藤原は「変な意味じゃないですよ!(笑)」と笑った。

ここで、”勝負強い“カイジにちなんで、普段の勝負強さを問われた藤原。「僕は勝負強い。普段の生活から絶対負けない」と絶対の自信を見せた。一方、関水は“勝負弱い”ようだが、「『カイジ』のオーディションを受けて、受かったのは勝負強かったかなと思う」とコメント。福士も“勝負弱さ”を認めると、会場からは「あ~」と納得の声が!  MCを務めていた青木源太アナウンサー「どこが?」と観客に質問すると、「全部! 惜しい!」との返答が。これには、福士も「惜しいとかやめて(笑)! 悲しい!」と少しタジタジな様子を見せた。そんな中、福士が「僕とじゃんけん勝負しましょう」と吉田に提案。 「僕もぜっったい負けない!」と自信を見せた吉田に対し、“パー”を出して勝った福士は、ステージ上で“勝負強さ”を見せつけた。

続けて、福士はカイジ役の藤原と対決。最初はあいこだったものの、次の勝負で、藤原がチョキを出し福士に勝利。会場からは「惜しい~!」とまたもやイジリの声が上がると、「惜しいはやめて~」と福士は笑顔を見せた。

最後に藤原は「僕自身もここまで長く続くとは思わなかったですし、愛されるキャラクターだとは最初は思いませんでしたが、僕にとって、非常に大きな作品で大事なキャラクターになったと思います。まだ公開まで少しありますが、初日いいスタートを切りたいと思っていますので、みなさんも応援よろしくお願い致します。ありがとうございました!」と挨拶をして、イベントは幕を閉じた。

(c)福本伸行 講談社/2020映画「カイジ ファイナルゲーム製作委員会

【写真22枚】藤原竜也福士蒼汰&吉田鋼太郎、一番勝負強いのは誰?『カイジ』試写会でじゃんけん勝負!は、【es】エンタメステーションへ。
エンタメステーション

掲載:M-ON! Press