シンガーソングライタージャズボーカリストの滝沢望の『B/ENJOY』(読み:ビーエンジョイ)が今月19日に、各音楽配信サイトで一斉リリースされる。

■オシャレな音楽と映像だが…

動画を確認してもらえばわかるように、出だしからムーディーな雰囲気が漂う本楽曲。映像も、楽曲にぴったりな色使いで、オシャレなMVになることを予感させる。

しかし、一節目のテロップが表示されると、英語詞の下には、まったく意味の違う日本語詞が並べられ、サビでは「Benjo(便所)」と歌われるのだ。

関連記事:【ひとり空耳アワー?】夏フェス好きでも洋楽を歌えずにゴマかしている人の割合が判明!

■全編が「空耳ミュージック」

じつは、『B/ENJOY』は本格的なジャズでありながら、歌詞が全編「日本語に聞こえる」空耳ミュージック

日本語で聴くと、誰もが経験したことがあると言っても過言ではない「トイレに行きたくても行けない状況」を描いたストーリーだ。

ちなみに、本記事タイトルの“Broken Benji”は「僕のBenjo(便所)」となっている。

■アレンジはロニー・ブラキシコ

おもしろMVではあるのだが、本楽曲のアレンジを手掛けたのは、ロニー・ブラキシコ。ニューヨークジャズ界を牽引し、グラミー賞を受賞したカサンドラウィルソンの音楽プロデューサーベーシストだ。

また、MVに出演するのは、『MEN’S NON-NO』専属モデルの若林拓也、女優として活躍の場を広げている小槙まこ。日本語詞のおふざけとは裏腹に、楽曲・MVとも、その内容はかなり本格的なものになっている。

■カラオケでは両パターン配信予定

19日には、渋谷のジャズバー「JZ Brat SOUND OF TOKYO」でリリースイベントも開催予定。

また、21日からは、全国のJOYSOUND導入カラオケ店にて英語、日本語パターンの本人映像カラオケも配信される予定なので、どちらもあわせてチェックしてほしい。

・合わせて読みたい→嵐の楽曲がYouTube解禁! 待ちに待ったファンから喜びの声殺到

(文/しらべぇ編集部・野瀬 研人

全編“空耳ミュージック”楽曲が面白すぎる 「BrokenBenji」の正体は…